名古屋のホームページ制作・WEB集客なら株式会社オンカ「オンカのホームページ制作」

menu

POINT オンカのホームページ制作

自己満足の芸術作品ではなく、
最高のマーケティングツールを制作します。
集客に必要なあらゆる要素ついて手を施し、
集客のためにできる手はすべて打ちます。

Flow of website creation

ホームページ制作の流れ

手間暇かけて丁寧に、戦略的に制作する。
だから集客できるホームページに仕上がります。

ホームページ制作においては、「仕入れ」というものはほとんどなく、かかる費用の大部分が人件費です。一般的な制作会社では、価格競争に対抗するために、制作に携わる人数やかける時間を削減してコストカットを行なっています。一方、オンカでは、制作に携わる人数もかける時間もしっかりと投資し、本当に集客できるホームページだけをお客様に納品いたします。その分、一般的な制作会社と比較すると、少し割高な制作料金になってしまいます。

一般的な制作会社のホームページ制作
  • ステップ1打ち合わせ〈1〜2時間〉
  • ステップ2お客様
    が文章執筆
  • ステップ3ホームページ
    制作・修正
  • ステップ4納品

数時間程度の簡単な打ち合わせを行い、お客様が文章を執筆したところから制作が始まります。制作工程は、デザイナーとコーダーのみで行うため、制作に着手してから数週間〜2ヶ月程度で納品となります。また、納品をもって付き合いが終了し、定期的なアクセス解析や運用は行いません。

オンカのホームページ制作
  • ステップ1分析
  • ステップ2打ち合わせ〈15〜20時間〉
  • ステップ3戦略会議
  • ステップ4コピーライター
    による文章執筆
  • ステップ5ホームページ
    制作・修正
  • ステップ6納品
  • ステップ7分析
  • ステップ8戦略会議
  • ステップ9運用・更新
  • コンティニューコンティニュー

約20時間にも及ぶ打ち合わせとヒアリングを行い、その上で、お客様専属の制作チームを結成して戦略会議を行います。(制作チームは、ディレクター・デザイナー・コピーライター・コーダーの4名で結成されます。)戦略会議を重ね、コピーライターがすべての文章を執筆し、細部まで丁寧に制作するため、納品までに3〜4ヶ月程度を要します。また、納品後も毎月定期訪問し、アクセス解析と運用のサポートを行なっていきます。
*毎月の定期訪問によるアクセス解析と運用のサポートは、コンサルティングプランに加入の場合です。

Reasons why you can attract customers

オンカのホームページが
集客につながる理由

ホームページから集客できないのは
その作り方と運用方法
が原因です。

多くの会社がホームページから集客できない理由は、ほとんどの場合、その作り方が悪いか運用に問題があります。言い換えれば、この二つを適切に行うことで、しっかりとホームページから集客を行うことが可能となります。
オンカが手がけるホームページは、集客に必要なあらゆる要素について、一つひとつ手を施していきます。制作の前段階から制作後まで、集客のためにできる手はすべて打ちます。

お客様だけの
専属チームを結成して戦略会議を実施

お客様だけの専属チームを結成して戦略会議を実施

お客様だけの
専属チームを結成して戦略会議を実施

ホームページ制作会社の大多数が、デザイン会社またはシステム会社です。しかし、デザイナーやコーダーが単独でホームページを制作すると、デザインは良いけど裏側のシステムが正しく作れていない、またはその逆など、デザインやコーディングの技術に偏りや斑が生じてしまいます。また、デザイナーやコーダーだけでは、集客に最も大切な「マーケティング視点」が欠落してしまうため、肝心の集客力が大幅に低下してしまいます。
私たちのホームページ制作は、必ずディレクター、コピーライター、デザイナーそしてコーダーの4名が、お客様の専属のチームを結成して行います。ディレクターがマーケティング視点で制作の指揮をとり、コピーライターが顧客の心を掴む文章を作成します。その上で、デザイナーが美しいデザインを描き、コーダーがインターネット上に構築していきます。この4名の専属チームが戦略会議を幾度も重ねながら、お客様にとって最適なホームページを制作します。

「購入してもらう」ことを追求した
マーケティング視点のデザイン

「購入してもらう」ことを追求したマーケティング視点のデザイン

「購入してもらう」ことを追求した
マーケティング視点のデザイン

ホームページは芸術作品ではありません。しかし、満足のいく集客が行えていないホームページを見ると、そのほとんどがデザイナー目線の自己満足な芸術作品になっています。ホームページは、あくまでも集客するためのツールです。美しいだけではなく、コンバージョン(ホームページからのお問い合わせや商品購入といったゴールのこと)に結びつく、マーケティング視点のデザインを考えなければなりません。
私たちのホームページは、見た目だけの印象ではなく、顧客の購買心理を考慮しています。見る人が思わず「欲しい!」と思うようなマーケティング視点のデザインで、ホームページが持つ集客の可能性を引き出します。ディレクターとデザイナーが戦略会議を重ね、集客とデザインという二つの視点を組み合わせるからこそできる、美しさと集客力を最大限に高めたホームページを制作します。

インタビューにお答えいただくだけで
コピーライターが文章を執筆

インタビューにお答えいただくだけでコピーライターが文章を執筆

インタビューにお答えいただくだけで
コピーライターが文章を執筆

ホームページを見る顧客とGoogleのシステムは、そこに書かれた文章からしか情報を得ることができないため、ホームページからの集客において文章ライティングは最も大切な工程の一つです。しかし、日本の制作会社のほとんどが、この文書ライティングをお客様任せにしています。お客様が自分で文章を執筆すると、どうしても売り手目線の文章になってしまうとともに、SEO対策的にも非常に弱い文章になってしまいます。
私たちのホームページ制作は、お客様専属のコピーライターが、ホームページに記載するすべての文章を執筆します。コピーライターが何度もインタビューを重ねてお客様の会社のことを分析した上で、顧客の購買心理を刺激する文章ライティングを行います。また、SEO対策に最も効果的なキーワードを選びながら執筆するため、検索エンジンの上位表示にも資することができます。

Googleが認める
最適・最新なSEO対策の実施

Googleが認める最適・最新なSEO対策の実施 Googleが認める最適・最新なSEO対策の実施

Googleが認める
最適・最新なSEO対策の実施

SEO対策という言葉が広く浸透し、様々な会社がSEO対策のノウハウを提供しています。しかし、そのほとんどが時代遅れのSEO対策であり、Googleのポリシーに反した不適切な方法です。Googleのアルゴリズムは日々進化しており、小手先だけの時代遅れのSEO対策では、絶対に検索エンジンの上位表示を達成することはできず、むしろ、そのようなSEO対策を行うホームページにはペナルティが課せられます。
私たちが制作するホームページには、最適で最新なSEO対策を施します。Googleのポリシーに反するようなグレーなSEO対策は行わず、正攻法で勝負するからこそ、私たちのお客様は「地名+業種」といった検索キーワードで上位表示を達成してきました。それでも、Googleのアルゴリズムは変わり続けているため、米国のシリコンバレーにおいて常に最新の情報を追求し、その時代に合った最新のSEO対策を取り入れています。

ほぼすべてのブラウザ・OS・端末
対応したレスポンシブデザイン

ほぼすべてのブラウザ・OS・端末に対応したレスポンシブデザイン

ほぼすべてのブラウザ・OS・端末
対応したレスポンシブデザイン

近年は、レスポンシブデザインでホームページを制作する会社が増えてきましたが、まだそのほとんどが「スマホでもパソコンでもある程度表示される」だけの不十分なものです。パソコンにもWindowsやMac、スマホにもAndroidやiPhoneがあります。また、インターネットを閲覧するブラウザにもInternet ExplorerやSafariなど、様々な種類があります。これらのすべてのデバイスや端末に対応したレスポンシブデザインで制作している制作会社は、ほとんどありません。
私たちは、6種類のブラウザ、12種類のOSに対応したレスポンシブデザインでホームページを制作しています。顧客のインターネット環境によって文字化けや表示のバグが発生することのないよう、日本国内で主に使用されているほとんどすべてのブラウザとOSに対応しています。また、OSやブラウザのアップデートにも対応し、いつ、どのデバイスで、どのブラウザを使ってホームページを見ても、正しく、美しく表示されるように設計しています。

制作後も毎月訪問して
アクセス解析と運用をサポート

制作後も毎月訪問してアクセス解析と運用をサポート

制作後も毎月訪問して
アクセス解析と運用をサポート

現代は、素晴らしいホームページを作るだけで集客できるという時代ではありません。マーケティングの視点で作られた集客ツールとしてのホームページを、正しく運用してこそ、期待どおりの集客効果が現れます。世の中にあるほとんどのホームページが集客できていないのは、制作会社にとって「ホームページを作ること」がゴールになっており、その後の運用がお客様任せになって適切にサポートできていないためです。
私たちは、ホームページの制作後も、アクセス解析を行ってホームページの稼働状況を分析し、検索エンジンの上位表示を達成するために必要な運用のサポートを行い続けます。ホームページの置かれた状況を分析して、PDCAサイクルを回しながらホームページのボトルネックを解消していき、どんどん集客できるホームページに育てていきます。ホームページ制作は、制作してからが本当のお付き合いの始まりです。