名古屋のホームページ制作・WEB集客なら株式会社オンカ「オンカのWEB集客」

menu

STRATEGY オンカのWEB集客

ホームページは作って終わりではなく、
その後の運用で集客の明暗が分かれます。
制作後も私たちが御社の一員となり、
地域ナンバーワンの集客に導きます。

Analysis of website access

アクセス解析・ヒートマップ解析

ホームページ集客でライバル企業に勝つために
まずは自社のホームページを隅々まで分析して知ることが大切です。

ホームページ集客において、すべてのホームページにとって万能な戦略はありません。ホームページそのものの構造や業種、アクセス数、顧客の滞在時間、ページ上での動きなど、様々な要素を鑑みて、とるべき戦略を決定する必要があります。
アクセス解析やヒートマップ解析を丁寧に行うことで、ホームページのアクセス状況や抱える課題を数値化して分析することができます。その上で、PDCAサイクルを回しながら、より集客力の高いホームページに育てていくことが重要です。

有資格者によるアクセス解析
ホームページのボトルネックを明確化

有資格者によるアクセス解析ホームページのボトルネックを明確化

有資格者によるアクセス解析
ホームページのボトルネックを明確化

ホームページ集客は、ホームページを制作してからどのように運用していくかが最も重要なポイントです。しかし、世間一般で「SEO対策に効果的」と言われることを闇雲に実施しても、思うような集客効果は現れません。まずは、自社ホームページのアクセス状況をしっかりと分析し、その上でとるべき戦略を決定する必要があります。
オンカでは、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどの解析ツールを活用し、全日本SEO協会認定の有資格者が毎月アクセス解析を行っています。アクセス数や滞在時間、閲覧ページ数、アクセス地域、流入経路など、ホームページの現状を数値化して評価するとともに、ボトルネックを明確化してホームページの改善を行なっていきます。また、毎月の解析結果をもとに、PDCAサイクルを回しながらボトルネックの改善を繰り返し、ホームページの集客効果を常に向上させていきます。

ヒートマップツールを活用した解析によって
ページ内における顧客の動きを可視化

ヒートマップツールを活用した解析によってページ内における顧客の動きを可視化

ヒートマップツールを活用した解析によって
ページ内における顧客の動きを可視化

ホームページ集客のための分析は、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールだけで完結させることはできません。この二つのツールは、顧客のアクセス状況や流入経路を調べることができる優秀な解析ツールですが、流入後にホームページ上でどのように動いているのかまでは判別しきれないためです。あくまでも、流入に至るまでの行動を把握するだけであり、流入後の回遊状況までを知ることはできないのです。
そこで、私たちが行う解析では、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールだけではなく、「ヒートマップ」という解析ツールをあわせて使用し、ホームページ上での顧客の動きを的確に捉えます。顧客がホームページのどの部分を熟読しているのか、どのボタンやバナーをクリックしているのか、どの位置で離脱しているのかなど、ホームページ上における顧客の動きをすべて可視化して解析し、顧客の滞在時間とページビューの向上を図ります。

Search Engine Optimization

検索順位の向上・SEO対策

最新・最適なSEO対策を施して、
検索エンジンの上位表示を達成します。

ここ数年で、SEO対策という言葉が随分浸透してきましたが、その本当の取り組み内容を理解している企業は多くありません。未だに、「お金を払えば上位表示を達成」できて、「明日からすぐに効果が出る」と思っている企業がたくさんあります。
10億以上ものホームページが存在する現代において、簡単ですぐに効果の出るSEO対策というものがあれば、それはほぼ間違いなく「眉唾物」の方法だと思ってください。最新で正しいSEO対策を施してくれる制作会社と、お客様の努力が合わさって初めて本当の集客効果が生まれます。

全日本SEO協会認定の有資格者による
内部SEO対策の実施

全日本SEO協会認定の有資格者による内部SEO対策の実施 全日本SEO協会認定の有資格者による内部SEO対策の実施

全日本SEO協会認定の有資格者による
内部SEO対策の実施

SEO対策という言葉が広く浸透し、様々な会社がSEO対策のノウハウを提供しています。しかし、巷で話題となるSEO対策のほとんどが時代遅れのSEO対策であり、Googleのポリシーに反した不適切な方法です。Googleのアルゴリズムは日々進化しており、小手先だけの時代遅れのSEO対策では、絶対に検索エンジンの上位表示を達成することはできず、むしろ、そのようなSEO対策を行うホームページにはペナルティが課せられルことがあります。
私たちが制作するホームページには、Googleが推奨する最適で最新のSEO対策を施します。Googleのポリシーに反するようなグレーなSEO対策は行わず、正攻法で勝負するからこそ、私たちのお客様は「地名+業種」といった検索キーワードで上位表示を達成してきました。それでも、Googleのアルゴリズムは変わり続けているため、様々なカンファレンスに参加して常に最新の情報をキャッチし、その時代に合った最新で最適なSEO対策を取り入れています。

戦略的にアクセス数を増加させる
質の高いコンテンツマーケティングの実施

戦略的にアクセス数を増加させる質の高いコンテンツマーケティングの実施

戦略的にアクセス数を増加させる
質の高いコンテンツマーケティングの実施

今や、SEO対策は、お金さえかければ楽に実施できるものではなくなりました。一昔前までは、外部リンクの活用やmetaタグの調整で比較的容易に検索エンジンの上位表示を達成できていましたが、Googleがアルゴリズムのアップデートを行ったことにより、顧客にとって本当に有益な情報が記載されたホームページ以外は軒並み検索順位を下げることとなりました。この「顧客にとって本当に有益な情報」を記載するために、CMS機能(ブログ投稿機能)を活用したコンテンツマーケティングの実施は必要不可欠であり、最も効果的なSEO対策の一つです。
私たちは、お客様が記事を作成するにあたり、その中で使用するキーワードの検索ボリューム分析から今後のトレンド予測、記事の配信計画、記事文章の添削までを総合的にサポートすることで、戦略的なコンテンツマーケティングを実現します。これにより、SEO対策としての効果だけでなく、顧客のファン化やSNSでの記事の拡散を通じて、より一層のアクセス数向上を図ります。

Place an advertisement on web

インターネット広告

インターネット広告は、運用方針と運用方法によって
得られる費用対効果がまったく異なります。

インターネット広告とは、GoogleとYahoo!が運営する、インターネット上の広告です。検索エンジンの結果画面とは別に、顧客の目に留まりやすい場所にホームページへのリンクやバナーを表示させて、顧客のクリックを促します。このインターネット広告を上手く活用することで、広告費は発生するものの、ホームページ公開の翌日から、すぐに安定的なアクセス数を集めることができます。
しかし、無闇に広告を運用すると、広告費だけがかさんで広告効果が思うように伸びません。豊富な経験と専門資格を有するプロの運用担当が行うことで、費用対効果の高い広告の運用が可能になります。

インターネット広告の費用対効果を
最大限まで高めた運用方針を策定

インターネット広告の費用対効果を最大限まで高めた運用方針を策定

インターネット広告の費用対効果を
最大限まで高めた運用方針を策定

インターネットの普及に伴って、中小企業においてもインターネット広告の出稿が一般化してきました。しかし、無闇やたらに広告を出稿すると、コンバージョンにつながらない無駄なクリックだけが増え、クリックされるごとに課金されるインターネット広告の世界では、どんどん費用対効果を落とす結果となります。
私たちは、広告を出稿する前に、どんなキーワードで検索されたときに広告を表示させるのか、どんな時間帯やエリアに絞って表示させるのか、どんな広告文を記載するのかなど、広告の費用対効果を最大限に高めるための運用計画を策定します。これにより、顧客にクリックさせる回数を最小限に抑え、クリックされた後のコンバージョンを最大限に高めた、最も効果的なインターネット広告の運用を行うことができます。
加えて、毎月の運用結果を踏まえて運用内容を適宜見直すことで、更なる費用対効果の向上を目指します。

専門資格を有する広告担当者が
24時間365日付きっきりで運用状況を監視

専門資格を有する広告担当者が24時間365日付きっきりで運用状況を監視

専門資格を有する広告担当者が
24時間365日付きっきりで運用状況を監視

インターネット広告の運用代行を行う企業の中には、広告の出稿手続きだけを最初に行い、あとはただ放ったらかしにしている企業が目立ちます。これでは、確かに広告は出稿されますが、コンバージョンにつながらない無駄な広告費がかさみ、結果として広告の費用対効果が低下します。
私たちは、Yahoo!マーケティングソリューションパートナー、プレミアGoogleプランナーといった、インターネット広告の有資格者が広告の運用を担当しています。Yahoo!とGoogleから認定された広告担当者が、常に広告の運用状況を監視し、出稿するタイミングや掲載順位、クリック単価などを見極めながら、最良の運用状況を維持できるように努めています。費用対効果の高いタイミングがあれば少し攻めた運用を行い、逆にあまり芳しくないタイミングであれば運用を控えたりと、微調整を行いながら1円も無駄にしない広告運用を行っています。

Operation of SNS

SNS運用・SNS広告

効果的なInstagram・twitter・facebookの運用で
狙ったターゲット層をピンポイントで集客します。

SNS運用や広告は、今や企業のマーケティングにとっても不可欠な要素です。しかし、「SNSは集客に効果的」という情報だけを信じて、思いつくがままに情報を発信していては、なかなか集客には結びつきません。
戦略的にSNS記事の配信計画を立て、適時適切なタイミングで顧客の求める情報を配信し続けることで、時間をかけて顧客のニーズを育成していきます。また、BtoCのビジネスにおいては、動画や写真を活用したSNS広告の配信も非常に効果的です。

潜在的なニーズを育ててコンバージョンに繋げる
戦略的なSNS運用を実現

潜在的なニーズを育ててコンバージョンに繋げる戦略的なSNS運用を実現

潜在的なニーズを育ててコンバージョンに繋げる
戦略的なSNS運用を実現

SNSがホームページと大きく異なる点は、まだ自社の商品に関心を抱いていない顧客層に対して働きかけることができ、潜在的なニーズを育てていくことができる点です。ホームページでの集客は、すでに何らかのニーズや悩みを抱えて検索を行った顧客の要望を満たし、コンバージョンに繋げていく集客方法です。一方、SNSは、顧客の日常生活に入り込むことで顕在化していなかったニーズを引き出し、時間をかけながら、その熱度を育てていく集客方法です。集客効果の即効性に欠けることもありますが、その分、顧客に他の選択肢を与えずにコンバージョンへと繋げることができます。
私たちは、お客様がSNSで記事を配信するにあたり、その中で使用するキーワードのトレンド予測、記事の配信計画、記事文章の添削までを総合的にサポートすることで、戦略的なSNS運用を実現します。特に、SNSの運用は、美容室や飲食店、クリニック、建設業、小売業、メーカー、アパレル業など、一般消費者をターゲットとしたBtoCの事業において大きな集客効果を発揮します。

狙ったターゲット層に対して
ピンポイントで広告を配信するSNS広告運用

狙ったターゲット層に対してピンポイントで広告を配信するSNS広告運用

狙ったターゲット層に対して
ピンポイントで広告を配信するSNS広告運用

意外と知られていませんが、Instagramやfacebookにも広告配信機能があります。このSNS広告は、その特性上、狙ったターゲット層に対してピンポイントでアプローチすることができます。多くのユーザーは、SNS上で自身のプロフィールを設定しており、そのプロフィールから年齢や居住地、性別、嗜好など、様々な情報をふるいにかけながら、狙ったターゲット層だけにピンポイントで広告を配信します。
リスティング広告が幅広い顧客を対象としているのに対し、SNS広告は、狙ったターゲット層だけに狙いを定めて広告を配信することができます。また、SNS広告は、写真や動画を用いて広告を配信できる点も、リスティング広告との大きな違いです。
もちろん、SNS広告においても、広告を配信する前に、どんな内容の広告を表示させるのか、どんな時間帯やエリアに絞って表示させるのかなど、広告の費用対効果を最大限に高めるための運用計画を策定し、毎月の運用結果を踏まえて運用内容を適宜見直していきます。