ADVERTISEMENT

特定のターゲットに的確に訴求するインターネット広告

インターネット広告の活用で、
効率的にユーザーを集めて
コンバージョンを増加させます。

自社のホームページにユーザーを集める方法は、SEO対策だけではありません。
特に、ユーザーのターゲット層やエリアが明確に決まっている場合は、インターネット広告を出稿することで、
効率的にアクセス数を増やし、比較的速やかにコンバージョンを増加させることができます。

しかし、インターネット広告は、単に出稿しているだけでは無駄なコストが嵩む一方で、
費用対効果はどんどん低下していきます。
必要最小限のコストで費用対効果の高い広告運用を行うためには、
インターネット広告のノウハウを持った専門家の手によって、適切な運用管理を行うことが必要不可欠です。

Google・Yahoo!の認定資格保有者が
最適な広告運用を行います

インターネット広告は、GoogleやYahoo!のアカウントを取得すれば、誰でも広告を出稿することができます。しかし、これは「ただ広告を出稿するだけ」の話であり、企業の業績を左右する一つのマーケティングとして行うのであれば、話は異なります。インターネット広告の専門的な知識やノウハウを持たない担当者が運用を行うと、無駄なキーワードで広告を出稿してしまったり、入札単価が高騰してしまったりと、広告の費用対効果はどんどん低下していってしまいます。

私たちが行うインターネット広告は、Googleの認定資格である「Google Adwords認定スペシャリスト」や、Yahoo!の認定資格である「Yahoo!マーケティングソリューションパートナー」といった公式認定資格保有者が運用を行います。この公式認定資格は、広告運用の基礎知識や応用力、実務能力に優れていることの証であり、各社の認定審査に合格した企業にのみ与えられるものです。認定資格の保有者がインターネット広告の運用を行うことで、より効果的で費用対効果の高い広告出稿を実現し、安定的に見込み客からの問い合わせを獲得することができます。

広告の内容を随時見直しながら
費用対効果の高い
広告運用を行います

インターネット広告は、認定資格の保有者が運用を行ったとしても、最初から100点満点の運用を行うことはできません。広告キーワードや地域、時間帯など、広告を出稿する前に綿密な分析を行いますが、実際に出向してみるとどうしても当初の計画とその結果が異なります。
そのまま広告を出向し続けると、費用対効果の低い無駄な広告を出稿し続けることとなり、不本意に広告費だけが嵩み続けてしまいます。
私たちの行うインターネット広告は、出稿後も広告内容を随時見直しながら、広告の費用対効果を高めるためにPDCAサイクルを回し続けます。

インターネット広告は、紙媒体等の広告と異なり、広告の運用状況をすべて数値で確認することができます。このデータを活用しながら、問い合わせに繋がりにくい無駄なキーワードを除外したり、クリック率が向上するように広告文を修正しながら、クリック率とコンバージョン率の高い条件だけに絞った広告運用を行います。

広告の費用対効果をさらに高めるため
ホームページを改善します

インターネット広告は、広告運用の条件を見直していくことで、費用対効果を高めていくことが可能です。しかし、多くの場合、一定のポイントで頭打ちとなってしまうことがあり、その原因は、ホームページ自体の方にあるケースがほとんどです。せっかく熱度の高いユーザーがホームページにアクセスしたとしても、ホームページの構成や内容が原因でコンバージョンに至らないことが多分にあるのです。
私たちは、広告出稿後もその内容を随時見直しながら、ホームページ自体のアクセス解析なども並行して行います。広告の効果で熱度の高いアクセス数を増加させ、ユーザーの特性に合わせてホームページのコンテンツを改善していくことで、コンバージョン数をさらに引き上げていきます。

また、一般的に、インターネット広告の出稿とホームページを制作する会社は別々であることが多く、広告運用で顕在化したホームページ自体のボトルネックが、正しくホームページの修正に反映されていません。
私たちは、インターネット広告の運用から解析、ホームページのリニューアルまで、すべての行程をワンストップで行うことができるからこそ、広告の費用対効果を最大限に高めることが可能です。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ