NECESSITY

ホームページ集客の必要性

ホームページ集客とは、一年後に
「あの時やっておけば。」と思うことを
今やる作業です。

ホームページ集客とは、一年後に
「あの時やっておけば。」と思うことを
今やる作業です。

ホームページからの集客は、ホームページを制作すれば勝手に、
それも簡単に行えるものと考えている企業が多々存在します。
しかし、ホームページ集客は、楽なものでも全自動的なものでもありません。
手間と時間と、ある程度の資金が必要となるからこそ、
ライバル企業が二の足を踏んでいるのであり、
そこに御社にとってのチャンスが潜んでいます。

一年後に「あの時にしっかり取り組んでおけばよかった。」と
後悔することがないよう、信頼できる制作会社と手を取り合って、
今日すぐにでも取り組むことが大切です。

今やる作業です。 今やる作業です。

市場における主役の遷移

市場の主役は、デジタルイミグレイトからデジタルネイティブへ。

現代社会は、ほぼすべての市場において、「デジタルネイティブ」と呼ばれる生まれながらにしてインターネット環境が身近にある世代(1995年生まれ以降の人々)が主役となりつつあります。IT業界やゲーム業界など、すでにデジタルネイティブが市場の大部分を占める業界では、インターネット上でのプロモーションがマーケティングの中心であり、商品やサービス、企業としての価値を高めることと同等かそれ以上に、インターネット上での優位性を確保することが重要となっています。

このデジタルネイティブの対義語である「デジタルイミグレイト」の割合は、今後、徐々に減少の一途を辿り、すべての市場において、購買プロセスにおけるインターネットの関与度合はますます高まり続けます。(今もすでに訪れていますが、)これからは、ビジネスで勝ち抜くためにすべての業界においてインターネット上での優位性を求められるため、早くからホームページ集客にコストや時間を投資している企業とそうでない企業では、迎える未来が大きく異なります。

市場における主役の遷移 市場における主役の遷移

ホームページ集客の既得権益

ホームページ制作は、
ライバル企業より先に、手間と時間と
お金をかけて取り組んだ者勝ちです。

ホームページ集客の既得権益 ホームページ集客の既得権益

ホームページ集客は、一朝一夕でその効果が出るものではありません。上述のようなデジタルネイティブが主役の市場が訪れた頃に、初めて気づいて焦って取り組んだとしても、実際に集客の効果を実感することができるのは数ヶ月〜数年先のことです。
例えば、ライバル企業が3年前から手間と時間とお金をかけて適切なホームページ集客に取り組んでいた場合、自社が今すぐに取り組んだとしても、その差を埋めることはなかなか至難の技です。しかし、総務省の調査によると、現時点においてホームページ集客に取り組んでいる中小企業は約50%ほどを占めていますが、そのほとんどすべてが「適切な」ホームページ集客を行えていません。私たちの目から見ると、単にホームページを作って、そこに運良く見込み客が引っかかるのを待っているだけです。
多くの企業にとってホームページ集客とは、よくわからないものであり、とても大変なことのように感じますが、逆に言えばそれはライバル企業も同じです。ライバル企業が適切なホームページ集客に取り組み始める前に、自社が先んじて市場におけるインターネット上での優位性を確保し、ホームページ集客における既得権益を手に入れておくことが大切です。いつかやらなければならないことは、他社がやる前に始めてしまいましょう。

ホームページへの流入経路

自然検索だけがホームページへの
流入経路ではありません。

ホームページへの流入経路 ホームページへの流入経路

ホームページからの集客と言っても、すべてがオンライン上で解決するものではありません。オフラインで出会った見込み客が企業の存在を確認したり、口コミやDMを受け取った見込み客が流入したりと、オフラインからの流入も重要な経路であることを忘れないでください。
ホームページは、検索エンジンを使った自然検索によって初めて見られるものではなく、様々な経路からの流入によって一定のアクセス数が形成されます。ホームページを多くのユーザーの目に触れさせるためには、オンラインとオフラインのプロモーションを組み合わせたマーケティングミックスによって、様々な層へのアプローチを行うことが大切です。

ホームページ集客の計算式

ホームページからの集客は、
単にホームページそのものを
強化するだけでは不十分です。

ホームページ集客の計算式 ホームページ集客の計算式

ホームページ集客を考える際は、自社が販売する商品やサービスの品質はもちろん、販売方法や企業としてのあり方などを最適化することが大切です。その上で、ユーザーへの訴求力を備えた質の高いホームページを適切に運用し、アクセス数を増加させることで、初めて安定的な集客とコンバージョンを獲得することが可能となります。
ホームページは、単に質の高いものを制作するだけで集客効果が期待できるものではなく、企業や商品価値を最大限に高め、一人でも多くのユーザーを集めることができてこそ成し得るものです。時には、インターネットという市場に合わせて、企業のあり方や商品そのものを再考することも必要です。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ