WRITING

Web専門のライターがすべての原稿を執筆

Web専門のライター
SEO対策を考慮しながら
ホームページに記載する原稿を
執筆
原稿を
執筆
しています。

私たちの制作するホームページは、クライアントに手を動かしてもらうことはほとんどありません。
あくまでも、クライアントには「口」を動かしていただき、
会社やスタッフのこと、ライバル企業のことなど、たくさんのことをお話いただくようお願いしています。

クライアントへのインタビューをもとに、Web専門のライターがSEO対策の効果を考えながら原稿を仕上げ、
Googleのクローラーにもユーザーにも正しく伝わる文章を完成させていきます。

SEO対策において最も重要な要素は
ホームページの原稿に使用する
キーワードです

最近は、「SEO対策」という言葉が一人歩きしており、多くの企業や制作会社がSEO対策を意識し始めていますが、その正しい対策方法を理解していない企業が多すぎるように感じます。まるで自動車に装着するカーナビのように、お金を出してホームページに「SEO対策」という部品を取り付ければ、検索順位がどんどん上がるものだと思っている企業が非常に多いように感じます。また、制作会社側も、「うちでSEO対策もやります!」と、あたかも何かを取り付けるだけのように簡単に謳っているため、こうした勘違いが加速していきます。

Google社も公式に発表していますが、あくまでもSEO対策の基本は「ユーザーにとって有益なコンテンツ(情報)を記載すること」です。その有益性の判断基準は多岐に渡りますが、最も重要な要素が、ホームページ内に使用されているキーワードです。つまり、多くのホームページは、真偽不明なSEO対策にお金をかけるよりも、まずはホームページの文章と使用しているキーワードを見直す方が遥かに有益です。

キーワードの検索ボリュームを
確認しながら
最もSEO効果が高く、
伝わる文章を執筆します

私たちが手がけるホームページは、すべての原稿をWeb専門のライターが執筆しています。
この「Web専門」という言葉が付く理由は、ホームページ制作におけるライターは、ただ伝わりやすい文章を書くだけでは足りないためです。
SEO対策においては、ホームページに記載されている文章と使用されているキーワードが最も重要であり、検索ボリューム(世の中のユーザーがそのキーワードを使用して検索している回数)を意識しながら「どのように原稿を書けば検索されやすいのか」という視点で執筆を行うためには、一般的なライターではなくWebマーケティングの知識とノウハウを有するWeb専門のライターである必要があります。

原稿に使用するキーワード一つひとつの検索ボリュームを調べ、どのキーワードを使用すれば集客のパフォーマンスが向上するのかを検討しながら、原稿の執筆を進めていきます。例えば、同じ意味を表す「美容室」と「美容院」という二つのキーワードがありますが、その検索ボリュームは大きく異なり、どちらを使用するかによってホームページ集客の結果は大きく変わります。
私たちのライターは、このような選択を無数に行いながら、ホームページの原稿を執筆しています。

将来の検索トレンドも踏まえて
使用するキーワードを選定しています

ホームページの原稿に使用するキーワードは、検索ボリュームを考慮しながら執筆していく必要がありますが、現在の検索ボリュームだけを考慮して使用するキーワードを決定してしまうと、将来的にそのキーワードが機能しなくなった際に集客効果が低下してしまうことがあります。
将来に渡って長く一定の検索ボリュームを維持できるようなキーワードを使用するために、過去の検索トレンドを調べながら、今後、そのキーワードの検索ボリュームが増加していくのか減少していくのかを予測しながら、使用するキーワードを選定していきます。

例えば、「ジーンズ」というキーワードは一定の検索ボリュームがありますが、検索キーワードとしての利用率は横ばい

ホームページの原稿に使用するキーワードは、検索ボリュームを考慮しながら執筆していく必要がありますが、現在の検索ボリュームだけを考慮して使用するキーワードを決定してしまうと、将来的にそのキーワードが機能しなくなった際に集客効果が低下してしまうことがあります。 将来に渡って長く一定の検索ボリュームを維持できるようなキーワードを使用するために、過去の検索トレンドを調べながら、今後、そのキーワードの検索ボリュームが増加していくのか減少していくのかを予測しながら、使用するキーワードを選定していきます。 例えば、「ジーンズ」というキーワードは一定の検索ボリュームがありますが、検索キーワードとしての利用率は横ばいから低下傾向にあります。一方、「デニム」というキーワードの検索ボリュームは、ジーンズと同じかやや少ないものの、そのボリュームは年々増加傾向にあり、この場合は、後者の「デニム」というキーワードを使用していくことを検討していきます。

から低下傾向にあります。一方、「デニム」というキーワードの検索ボリュームは、ジーンズと同じかやや少ないものの、そのボリュームは年々増加傾向にあり、この場合は、後者の「デニム」というキーワードを使用していくことを検討していきます。

また、ほとんどの検索キーワードは、単体ではなく「名古屋 ホームページ集客」「愛知 ホームページ制作」といったように複数のキーワードを複合させて検索されています。このようなサジェストキーワード(検索キーワードと複合して検索される関連キーワード)の検索ボリュームや検索トレンドも含めて、どのようなキーワードを組み合わせて使用すれば相乗効果が期待できるのかという視点も大切にしています。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ