HEATMAP

ユーザーの動きを分析するヒートマップ解析

ユーザーがホームページの
どこに興味を持っているのか
把握することが大切です。

ホームページの分析といえば、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールを活用したアクセス解析が代表的です。
しかし、これらの解析ツールは文字どおり「ホームページのアクセス状況を解析」するものであり、
ユーザーがホームページ上のどこに興味を持って、どこが原因で離脱したのかまではわかりません。

私たちは、そんなユーザーのホームページ上での動きを把握するために、ヒートマップ解析を取り入れています。
ユーザーの動きを把握することができれば、ホームページのボトルネックが浮き彫りとなり、
コンバージョン数を一層高めることができます。

ユーザーがホームページ上の
どの箇所を
熟読しているのかを
分析します

当たり前のことですが、ホームページは、すべての箇所を平等に閲覧されることはありません。ユーザーにとって有益と判断された場合は時間をかけて熟読されますし、興味のない箇所は読み飛ばされます。特に、現代のホームページは、マウスや指でスクロールしながら早いスピードで読み進められることから、その傾向が特に顕著に現れています。ユーザーは、一瞬でホームページ上の情報の取捨選択を行って、時間を費やすべきかどうかを判断しているのです。

私たちは、制作するすべてのホームページに「ヒートマップ」というマーケティングツールを導入しています。公開後に、ユーザーがホームページのどこを重点的に熟読しているのか、一方、どこを読み飛ばしているのかを分析し、ホームペ

私たちは、制作するすべてのホームページに「ヒートマップ」というマーケティングツールを導入しています。公開後に、ユーザーがホームページのどこを重点的に熟読しているのか、一方、どこを読み飛ばしているのかを分析し、ホームページの改善に役立てています。クライアントにとって重要で伝えたい情報にもかかわらず、ユーザーに読み飛ばされてしまっている場合は、見せ方や内容に問題があるケースがほとんどです。ホームページ自体の構成やキャッチコピー、デザインテイストなど、様々な要素を改善してPDCAサイクルを回していくことで、意図したとおりにホームページを閲覧させ、確実にコンバージョンへ導きます。

ージの改善に役立てています。クライアントにとって重要で伝えたい情報にもかかわらず、ユーザーに読み飛ばされてしまっている場合は、見せ方や内容に問題があるケースがほとんどです。ホームページ自体の構成やキャッチコピー、デザインテイストなど、様々な要素を改善してPDCAサイクルを回していくことで、意図したとおりにホームページを閲覧させ、確実にコンバージョンへ導きます。

どこまでスクロールして
離脱したのかを把握して
ホームページの改善につなげます

現代は、マウスや指でスクロールしながら「サクサク読むホームページ」が主流になったことで、従来に比べて縦長デザインのホームページが増えました。この縦長デザインのホームページは、一目で情報が俯瞰できものではなく、ユーザーがスクロールしながら物語のように順に読み進めるため、ユーザーがどこまで閲覧して、どこで離脱したのか(離脱ポイント)を把握できるようになりました。

私たちは、ここでも「ヒートマップ」を活用し、ホームページの離脱ポイントを明確化することでホームページの改善に役立てています。最後まで閲覧せずにページ上部で離脱していれば、ページ全体のデザインや見出しの内容を改善する必要がありますし、ページの途中で離脱していれば、その部分

現代は、マウスや指でスクロールしながら「サクサク読むホームページ」が主流になったことで、従来に比べて縦長デザインのホームページが増えました。この縦長デザインのホームページは、一目で情報が俯瞰できものではなく、ユーザーがスクロールしながら物語のように順に読み進めるため、ユーザーがどこまで閲覧して、どこで離脱したのか(離脱ポイント)を把握できるようになりました。

私たちは、ここでも「ヒートマップ」を活用し、ホームページの離脱ポイントを明確化することでホームページの改善に役立てています。最後まで閲覧せずにページ上部で離脱していれば、ページ全体のデザインや見出しの内容を改善する必要がありますし、ページの途中で離脱していれば、その部分 に何らかの問題があると推測することができます。これらの場合、ページの下部に重要な情報が記載されていたとしても、ユーザーの目に触れる前に離脱してしまっているため、企業のセールスポイントが適切に訴求できません。離脱ポイントを把握することで、離脱させずに最後まで閲覧させるための工夫を施したり、コンテンツの掲載順を変更したりと、重要な情報をユーザーにしっかりと訴求することができるホームページに育てていきます。

に何らかの問題があると推測することができます。これらの場合、ページの下部に重要な情報が記載されていたとしても、ユーザーの目に触れる前に離脱してしまっているため、企業のセールスポイントが適切に訴求できません。離脱ポイントを把握することで、離脱させずに最後まで閲覧させるための工夫を施したり、コンテンツの掲載順を変更したりと、重要な情報をユーザーにしっかりと訴求することができるホームページに育てていきます。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ