名古屋のホームページ制作会社、WEB集客会社なら株式会社オンカ|ホームページの検索順位を向上させるために重要なインデックス数の目標設定

0120-038-517 0120-038-517 CONTACT CONTACT
EN /

MENU

COLUMN

2020.05.14

マーケティングコラム

ホームページの検索順位を向上させるために重要なインデックス数の目標設定


ホームページの検索順位を向上させるためには、コラムなどの記事を投稿してホームページのページ数を増やすことが重要です。しかし、記事を投稿し続けても検索順位がなかなか上がらず、モチベーションが低下することにより、途中で記事の投稿をやめてしまうケースも見受けられます。途中で挫折せずにホームページの運用を続けるためには、無理のない範囲で適切な目標を立てながら運用する必要がありますが、どのように目標を立てれば良いのでしょうか。
そこで今回は、ホームページを継続的に運用する上で重要な目標の立て方についてお伝えします。

競合ホームページのページ数をもとに目標を立てましょう

ホームページの検索順位の向上を目指す場合、「まずは半年で100記事投稿してみよう」などとなんとなく目標を立てるのではなく、競合ホームページのページ数から目標を逆算することが重要です。
ホームページのページ数(インデックス数)は、検索エンジンの検索窓に「site:ドメイン」と入力して検索することによって簡単に確認することが可能です。まずは、この方法で競合ホームページのページ数を調べ、それを超えるために必要な記事の投稿数を把握しましょう。自社ホームページの目標ページ数が決まれば、目標の達成予定日から投稿頻度を逆算してコツコツと投稿を続けましょう。

ホームページのページ数だけに囚われないよう注意しましょう

ホームページの目標ページ数を設定したら、一刻も早く目標を達成したい気持ちはよくわかります。
しかし、Googleのロボットは、記事の文章や文脈を読み取って質を評価するため、目標ページ数を早く達成するために内容の薄い記事を多く投稿しても意味がありません。また、ページ数をかさ増しする目的で他のホームページから記事の内容をコピーした場合は、Googleのロボットからペナルティを受けてしまい、一瞬でホームページの評価を大幅に下げてしまいます。一度評価が下がれば元の評価に戻すことはとても難しいため、記事の質を保つことができるよう無理のないペースで投稿を続けることが重要です。

ホームページは目標を見直しながら継続的に運用し続けましょう

ホームページの目標ページ数を達成したにも関わらず、検索順位が思うように上がらない場合や、一度上がった検索順位が下がってしまった場合は、どのような原因が挙げられるでしょうか。自社ホームページが伸び悩んでいる原因を把握した上で、目標を見直すことも重要です。

ホームページの検索順位が思うように上がらない理由

ホームページの目標ページ数を達成したにも関わらず、検索順位が思うように上がらない理由として、ホームページの記事の質が競合ホームページよりも低いことが考えられます。競合ホームページで投稿されている記事を定期的にチェックし、文字数や内容の水準などの目標を改め、より魅力的な記事を作成する必要があります。
ユーザーにとって有益・魅力的な記事を作成して、記事を見た人に参考サイトとしてリンクしてもらえれば、被リンク数が向上してホームページの評価向上に繋がるため、記事の内容を見直すことは非常に重要です。

一度上がったホームページの検索順位が下がってしまう理由

一度上がったホームページの検索順位が下がってしまった理由として、競合ホームページにページ数が追い越されていることが考えられます。例えば、毎日3記事の頻度で1ヶ月間投稿し続けてホームページの検索順位が上がったとしても、その後まったく投稿せずに放置して、競合ホームページにページ数が追い越されてしまえば、検索順位を保つことはできません。
また、過去に作成した記事の情報が古くなり、投稿時よりも評価が下がってしまった可能性も考えられます。そのため、古い記事に最新の情報を足すなど、過去の記事も定期的に見直しながら、記事を継続的に投稿し続けることが重要です。

今回のまとめ

ホームページの検索順位を向上させるためには、競合ホームページのページ数を調べた上で目標を立て、目標の達成予定日から投稿頻度を逆算してコツコツと投稿を続ける必要があります。ただし、Googleのロボットは、記事の文章や文脈を読み取って質を評価するため、質を保つことができるよう、無理のない頻度で投稿を続けることが重要です。
目標を達成してもホームページの検索順位が上がらない場合は、記事の質や過去の記事の鮮度、競合ホームページの状況などを定期的に確認し、目標を見直しながら継続的に投稿し続けましょう。