名古屋のホームページ制作会社、WEB集客会社なら株式会社オンカ|企業のホームページにはどのようなテーマのブログ記事を投稿するべきか

TEL.0120-038-517 CONTACT

NEWS & COLUMN

お知らせ・コラム

SCROLL

MARKETING

企業のホームページにはどのようなテーマのブログ記事を投稿するべきか

2023
.04.25

企業のホームページにはどのようなテーマのブログ記事を投稿するべきか

現在、多くの企業がホームページを開設し、コンテンツマーケティングという施策に取り組んでいます。コンテンツマーケティングとは、ホームページ内にユーザーにとって有益な記事を投稿し、Googleから高い評価を受け、ホームページを検索結果の上位に表示させるための施策です。ユーザーにとって有益な記事とは、記事内の情報が丁寧に詳しく解説されていたり、見やすくまとめられている記事のことです。そのため、多くの企業がホームページに専門性や網羅性の高い記事を執筆しようと取り組んでいます。
しかし、ブログ記事の執筆を試みても、どのようなテーマで執筆するべきかわからず、手が止まってしまう企業のWeb担当者も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、ホームページ内にブログ記事を投稿する目的や、どのようなテーマでブログ記事を執筆するべきかについて解説していきます。

【目次】
1.企業のホームページ内にブログ記事を投稿する目的
2.どのようなテーマでブログ記事を執筆するべきか
3.ユーザーの検索意図を想定する方法
 a.情報収集を目的として検索をかけるユーザー
 b.商品の購入を目的として検索をかけるユーザー
4.まとめ

企業のホームページ内にブログ記事を投稿する目的

冒頭でも述べた通り、ホームページ内にブログ記事を投稿する目的は、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することでGoogleから高い評価を受け、そのホームページを検索結果の上位に表示させることです。
そのためには、企業の強みを活かすことができる専門的な記事や、読者の知りたい情報が網羅的に記載されている記事をホームページ内に蓄積していく必要があります。これにより、専門性や網羅性が高くなったホームページは、検索結果の上位に表示されるようになります。

どのようなテーマでブログ記事を執筆するべきか

先述した通り、コンテンツマーケティングを実施することによって得ることができるメリットが大きく、導入コストも低いため多くの企業が参入しています。しかし、コンテンツマーケティングを実施する際に、どのようなテーマでブログ記事を執筆すればよいか悩む方も少なくありません。そこで本節では、テーマを探す際のコツをお伝えします。
ブログ記事のテーマを探す際は、ユーザーの検索意図を想定し、そこから逆算することが大切です。なぜなら、ユーザーの検索意図を無視して執筆されたブログ記事は、ユーザーにとって有益なコンテンツとは言えず、Googleから高い評価を受けることもできないため、結果的に、ホームページを検索結果の上位に表示させることができないからです。
ブログ記事を投稿する際は、なんとなく執筆した自社商品のPR記事や、日記のような専門性の薄い内容の記事を投稿することは避け、ユーザーの検索意図を想定した上でテーマを決めて、ブログ記事を執筆するようにしましょう。

ユーザーの検索意図を想定する方法

テーマ設定において、ユーザーの検索意図を想定することが大切であると述べましたが、ユーザーの検索意図は多岐に渡るため、ブログ記事の執筆に慣れていない方は、検索意図を想定することが難しく感じるかもしれません。まずは、検索エンジンを利用するユーザーを「情報収集を目的として検索をかけるユーザー」と「商品の購入を目的として検索をかけるユーザー」の2つのタイプに分けてみましょう。
どちらのタイプのユーザーを想定するかによって、ブログ記事のテーマの探し方も変わってきます。本節では、検索意図別にどのようなテーマでブログ記事を執筆するべきかについて解説していきます。

情報収集を目的として検索をかけるユーザー

検索エンジンを利用するユーザーの内、情報収集目的で利用する人数の方が、後述する商品の購入を目的として利用する人数と比べて圧倒的に多いため、情報収集を目的とするユーザーを想定してブログ記事を投稿した方が、より多くのアクセス数を獲得することが可能です。
情報収集を目的として検索をかけるユーザーは、「ワードプレス 開設方法」や「ロールキャベツ 作り方」、「インプラントとは」など、気になる情報や知りたい情報にアクセスする目的で検索エンジンを利用します。たとえば、「ワードプレス 開設方法」と検索するユーザーについて、「新しくブログを立ち上げるためにワードプレスを開設する方法が知りたい」といった検索意図を想定することができます。
検索意図を想定した後は、そのユーザーがどのような情報を求めているのかを考えて、ブログ記事のテーマをピックアップしていきましょう。先述の例であれば、ワードプレスの開設手順や、開設する際に必要な費用・期間、ブログ記事の投稿方法、ドメイン取得の方法などを、ブログ記事のテーマとしてピックアップすることができます。

商品の購入を目的として検索をかけるユーザー

商品の購入を目的として検索をかけるユーザーは、「iPhone14 カバー」や「名古屋 ホームページ制作会社」、「スマートウォッチ 価格」など、何かしらの商品やサービスを購入することを目的として検索することが多く、購買意欲が高い傾向があります。
そのため、購入目的で検索をかけるユーザーには、自社の商品やサービスをテーマとしてブログ記事を執筆しましょう。自社の商品やサービスの種類が多い場合は、比較記事やまとめ記事を作成することも、購入目的で検索をかけるユーザーにとって利便性の高い記事になるため、ぜひ作成してみましょう。

今回のまとめ

本記事では企業のホームページ内にブログ記事を投稿する目的や、どのようなテーマで記事を執筆するべきかについて解説しました。企業のホームページ内にブログ記事を投稿する目的は、ユーザーにとって有益な記事を執筆することによって、Googleからの評価を向上させ、ホームページを検索結果の上位に表示させることです。
そのためには、ユーザーの検索意図を想定することが重要であり、検索意図から逆算してブログ記事のテーマを探していく必要があります。ホームページ内に投稿するブログ記事のテーマ探しに悩んだ際は、ぜひ本記事の内容を参考にしてテーマを探してみてください。

PAGE TOP