COLUMN

コラム

女性をターゲットにしたホームページデザインを制作する5つのポイント

2018.12.18

コラム

女性は、暖色や曲線的なものを無意識的に好む傾向があります。これは、諸外国でも共通で、一般的に女性向けのデザインは柔らかく明るい色のものがデザインされる傾向にあります。もちろん例外もありますが、大原則を抑えておくことで、しっかりとターゲット層のユーザーに訴求することができるホームページに仕上がります。
今回は、美容室やエステサロン、結婚式場など、女性をターゲットにビジネスを行う企業のためのホームページデザインのポイントをお伝えします。

【目次】
1.女性の方が平均的なネットリテラシーは高い
2.女性向けのホームページデザインを制作するための5つのポイント
a.曲線のある細いフォントを使用する
b.ピンクやベージュなどの暖色を使用する
c.柔らかいイラストを使用する
d.手書きのイラスト・フォントを使用する
e.写真の明度を上げる
3.今回のまとめ

女性の方が平均的なネットリテラシーは高い

女性は、男性と比較して、平均的にネットリテラシーが高い傾向にあります。少し踏み込んだシステムやコンピューターの世界になると男性の方がリテラシーが高くなる傾向がありますが、一般的なネット利用(検索やSNSなど)であれば、女性の方が上手く使いこなしている方が多いのが現状です。また、普段から美しいものを見る機会が多く、目が肥えている方が多いため、男性に比べてデザインのハードルは少し上がります。
こうした女性の特性を踏まえると、デザイン面で男性以上にしっかりと作り込んだホームページを制作しなければ、手を抜いたところが見破られてしまいます。女性ならではのネットリテラシーの高さと美的感覚を理解した上で、女性に好感を持たれるデザインをしっかりと戦略的に取り入れていきましょう。

女性向けのホームページデザインを制作するための5つのポイント

女性をターゲットとしたホームページを制作する際は、次の5点を押さえたデザインを取り入れましょう。

曲線のある細いフォントを使用する


丸みや遊びがある曲線的なフォントを、少し細めで使用することで、女性らしいエレガントなデザインに仕上がります。
基礎化粧品メーカーのタカミのホームページでは、キャッチコピーに丸みのある細めの明朝体を使用して、女性らしい優しさや丸みを表現しています。

ピンクやベージュなどの暖色を使用する


薄いピンクやベージュなどの優しい色は、それだけでホームページの女性らしさを引き出してくれます。
基礎化粧品レシピストのホームページでは、白をベースカラー、ピンクベージュをメインカラーとして、気品と落ち着きのあるブランドイメージを表現しています。

柔らかいイラストを使用する


円形などの曲線のイラストを使用することで、女性の柔らかさを表現することができます。水彩などの少し優しいイラストも効果的です。
イギリスのインテリアショップearthbornのホームページは、メインビジュアルのアイコンだけではなく、グローバルメニューも丸く縁取られたデザインを採用し、女性が思わず見たくなるような雰囲気を演出しています。

手書きのイラスト・フォントを使用する


手書きのデザインも、女性らしさを表現するのに有効です。イラストだけでなく、フォントなども手書きのものをさりげなく使用することで、アットホーム感が加わって親近感を持たせることができます。
洗濯洗剤のシャレボンのホームページは、手書きのフォントとイラストを両方取り入れることで、親しみやすくカジュアルな印象を上手く表現しています。

写真の明度を上げる


写真を使用する際は、明度を上げることで、女性に好印象な透明感を表現することができます。
結婚式場エリスリーナのホームページは、写真の明度を上げることで、新婦の透明感を表現しています。これによって、神秘的で神聖な印象を与えることができます。

今回のまとめ

女性らしさを表すには、明るさ、丸み、あたたかさが重要です。基本は白をベースカラーとした清潔感ある色味で、細めのフォントを使用し、写真の明度を高めに設定します。これは、ホームページに限らず、チラシやSNSなどでも活用できるため、販促全般でぜひ試してみてください。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ