COLUMN

コラム

明るくポップなホームページデザインを制作する5つのポイント

2018.12.27

コラム

ランドセルやホビーメーカーなど、子供をターゲットにした企業では、明るくてポップなデザインのホームページが使われます。充実感を表現することができるため、専門学校などの学校法人や、企業の採用サイトにもお勧めです。
今回は、そんな明るくポップなホームページデザインを制作する際に押さえておきたい5つのポイントをご紹介いたします。

【目次】
1.派手さの陰に伝えたい情報が埋もれないように注意する
2.明るくポップなホームページデザインを制作する5つのポイント
 a.ドットや斜線などの模様を使用する
 b.明るい色を使用する
 c.吹き出しを使用する
 d.写真を切り抜いて使用する
 e.アニメーションを取り入れる
3.今回のまとめ

派手さの陰に伝えたい情報が埋もれないように注意する

明るくポップなホームページは、色味もデザインも目を引くものが多く、インパクトが強いデザインです。そのため、こちらが意図することを、ユーザーに対してしっかりと訴求させることができ、情報伝達効果の高いホームページが出来上がります。
しかし、その分、全体的に派手になりすぎてしまっているホームページも多く、本当に伝えたい情報が埋もれてしまって、的確に情報伝達がなされていないケースが目に付きます。ただ闇雲に派手にすれば良いというものではなく、全体の統制を図りつつ、強調と緩和のバランスをとりながらデザインを制作することが重要です。

明るくポップなホームページデザインを制作する5つのポイント

明るくポップなホームページデザインを制作する際は、次の5つのポイントを押さえておきましょう。

ドットや斜線などの模様を使用する


福岡ソフトバンクホークス タカガールのホームページでは、ピンクをド派手に使用したインパクトあるデザインに、花火の模様と斜線を組み合わせて、ポップな雰囲気を表現しています。

明るい色を使用する


明るいホームページを制作する際は、思い切って明度の高い色を少し多めに使用しましょう。また、通常はベースカラー以外の色は少なくまとめて統一感を出しますが、あえて色の種類を多めに使用することで、よりポップな印象が引き立ちます。
関西テレビの採用サイトでは、ピンクをベースに、青や黄色などの明度の高いカラーを使用して、関西テレビのユニークさや元気の良さを表現しています。

吹き出しを使用する


見出しやキャッチコピーを吹き出しで補うことで、少し動きのあるポップな印象を加えることができます。
ランドセルメーカーの整番のホームページは、色使いや模様の使い方もポップで可愛いのですが、さらに手書きの吹き出しなどを要所に加えることで、子供らしい元気な印象をプラスしています。

写真を切り抜いて使用する


写真の使い方を工夫することでも、ポップな印象を表現することができます。写真はそのまま添付するのではなく、切り抜いて、縁を囲って使用することで、パッチワークのような立体感あるデザインが出来上がります。
オランジーナのホームページでは、お笑い芸人の小峠さんを切り抜いた写真を使用することで、シンプルなホームページに遊び心を加えています。

アニメーションを取り入れる


ホームページは紙媒体と異なり、動きをつけることで印象を操作することができます。ホームページに少し早めかつ大き目の動きをつけることで、カジュアルで明るい印象を与えることができます。
シュークリーム屋ザクザクのホームページでは、大きな写真と太めのゴシックでインパクトを持たせており、その上で邪魔になりすぎない程度のアニメーションを取り入れることで、ポップでコミカルな印象に仕上がっています。

今回のまとめ

ポップなデザインというと、ただ単に色をたくさん使いたがる傾向にありますが、それだけでは単にうるさいホームページになってしまいます。吹き出しやアニメーションなどの小技を使いながら、普通より少しだけ多めに明るい色を使用することで、バランスのとれたデザインに仕上がります。
その際は、必ずコンテンツによって強弱をつけて、重要な情報をしっかりと訴求できるホームページ構成を考えてくださいね。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ