COLUMN

コラム

ホームページを作り変えるのにベストな時期は何月か

2017.12.12

コラム


弊社にご相談いただくお客様から「ホームページは何月に作り変えるべきですか?」といったご質問をいただくことがあります。
お客様としてはすぐにでも動きたかったり、もしくは業務や資金繰りの都合からもう少し遅らせたかったりと、色々と想いがあります。そんな時によくいただくのがこの質問です。
もちろん、ホームページを作り変えるのにベストなタイミングは各社異なるのですが、私たちは今回ご紹介する3つの視点から、作り変える時期をご提案しています。
そこで、今回は、ホームページを作り変えるのにベストな時期をお伝えしていきたいと思います。

【目次】
1.必ずしもすぐに作り変えることが良い訳ではない
2.ホームページを作り変える時期を検討するための3つの視点
 a.繁忙期と制作時期が重ならないように
 b.書き入れ時の3ヶ月前くらいを目安に
 c.できれば年末は避ける
3.今回のまとめ

必ずしもすぐに作り変えることが良い訳ではない

当たり前のことですが、ホームページは、企業の利益を増やすためのツールですので、作り変えは早いに越したことはありません。いつか作り変えるなら、早めに作り変えて、しっかりと利益を取ってほしいものです。
しかし、それは会社の日常業務や経営戦略を無視した場合の話です。企業は、ホームページの作り変えだけを考えていれば良いわけはないので、他の要素も加味しながら適切な時期を見極めましょう。
なお、多くのホームページ制作会社は「早く作りましょう!」と急かしてきます。当然、早く契約して安心したいというのが営業マンの気持ちでしょうが、そういった自分本位な気持ちを捨てて、本当にお客様のためになる提案をしてくれる制作会社を選びたいですね。

ホームページを作り変える時期を検討するための3つの視点

私たちのお客様がホームページを作り変える際、その時期を決めるにあたって大切にしている3つの視点があります。ホームページ制作は、時期を見誤ると、最悪の場合は会社の業績にマイナス効果をもたらしてしまいます。
次のような視点を踏まえて、自社にとって適切な時期を見極めてください。

繁忙期と制作時期が重ならないように

ホームページ制作は、企業にとっても非常に大きな労力となります。「全部うちがやりますから大丈夫!」と言う制作会社は、まずまともな制作会社ではないと思っておいてください。本当に会社にとってベストなホームページを制作しようと思うと、インタビューを入念に行い、お客様と一緒に確認しながら着実に進めていく必要があります。
そのため、会社の繁忙期とホームページの制作時期が重なると、やらなければいけないことが増えすぎて、会社業務に影響が出てしまいます。もしくは、ホームページの完成時期が後ろ倒しになってしまいます。

書き入れ時の3ヶ月前くらいを目安に

企業によって、自社の書き入れ時が異なるかと思います。「うちは3月が勝負」「うちは夏場に利益が集中する」といったように、この時期にしっかりと稼ぎたいと言うタイミングがあるはずです。
できれば、こういった書き入れ時の3ヶ月前くらいにホームページが完成するように制作することが望ましいと思います。ホームページは制作後すぐに集客できるわけではなく、Googleのシステムに認知されて検索結果の上位表示を得るためには数ヶ月を要します。その期間を見越して、ユーザーに本当に見てもらいたい時期の3ヶ月前頃に公開することをお勧めします。

できれば年末は避ける

年末年始はバタバタと忙しくなるという意味もありますが、何よりも年末年始はGoogle側のシステムの仕様変更が入りやすい時期です。そうそう極端なことはありませんが、せっかく制作したホームページなのに、完成した頃にはGoogleのシステムが変わっていて集客できなかったという事態は避けたいものです。
毎年、仕様変更があるわけではありませんが、可能であればこの時期は様子を見ておいた方が無難と言えます。

今回のまとめ

今回ご紹介したホームページの制作時期は、あくまでも目安です。これを守ることが必ずしも良いとは言えませんし、闇雲に早く作ることが良いとも言えません。しっかりと集客を考えたホームページ制作会社であれば、お客様にあった制作時期の提案もしてくれるはずです。会社の状況を見極めながら、自社にとってベストな時期を見つけていきたいですね。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ