COLUMN

コラム

ホームページ集客に向いている企業と向いていない企業の5つの違い

2017.12.23

コラム


弊社は、ホームページ集客に関するご相談やお問い合わせを、ほとんど毎日いただきます。
その中には、「うちみたいな企業なんてホームページ集客できるわけがない」と諦めてしまっている、勿体無い企業があります。逆に、「何でも良いからホームページから集客したい」と、ホームページを魔法のツールのように考えている企業もあります。
今回、声を大にして言いたいのは、誰でもホームページから集客できるわけではありませんし、逆に、頑張ればほとんどの企業が集客できるということ。そんな、日々ご相談いただく中で感じる、ホームページ集客に向いている企業と向いていない企業の5つの違いについてお伝えしたします。

【目次】
1.すべての企業がホームページから集客できるわけではない
2.ホームページ集客に向いていない企業の5つの特徴
 a.インターネットで検索される商品を取り扱っていない
 b.集客にかけられる予算が200万円以下
 c.自社だけでなんとかしようとする
 d.忙しいことを言い訳にする
 e.コツコツ継続できない
3.向いていないと判断した場合には制作をお断りすることも
4.今回のまとめ

すべての企業がホームページから集客できるわけではない

冒頭でも少しお伝えしましたが、ホームページはあれば儲かる魔法のツールと思っている企業が、ごく稀にいます。弊社のホームページにも詳しく書いているのですが、ホームページはマーケティング視点で適切に制作を行い、戦略的に運用していかなければ集客につなげることはできません。
また、そもそも論になりますが、完璧なホームページを制作しても完璧に運用しても、その企業がホームページ集客に向いていない企業だと、絶対に集客はできません。
ホームページを制作する前に一度立ち止まって、寺社はホームページ集客ができる会社なのかを考えてみてください。

ホームページ集客に向いていない企業の5つの特徴

前述のとおり、ホームページ集客に向かない企業があります。ここでは、そんな企業の5つの特徴をお伝えして行きます。この中のどれか一つでも当てはまる場合は、ホームページ制作を考え直してみてください。

インターネットで検索される商品を取り扱っていない

そもそも、ホームページ集客を行うには、インターネット上で自社の商品が検索される必要があります。そのため、ユーザーが検索しないような珍しい商品は、ホームページ集客に直結しにくい傾向にあります。
また、一般的には検索されるような商品でも、その地域内における検索ボリュームが少ない場合も同様です。(例えば、「抹茶アイス」というキーワードは、検索ボリュームがしっかりありますが、「名古屋 抹茶アイス」になると検索ボリュームはほぼゼロになります。)

集客にかけられる予算が200万円以下

ホームページ集客は、イニシャルコストが発生します。適切な方法でホームページを制作し、戦略的に運用しようとすると、どうしても制作会社に支払う費用も増加します。また、検索エンジンで上位表示を達成するまでは、インターネット広告を活用する場合もあり、その場合はさらに追加費用が発生します。
こうした、初期投資にあてる予算がない企業は、ホームページ集客に取り組ムベキではありません。ホームページがあれば良いだけなら、格安制作会社に依頼しても構いませんが、価格が下がればそれだけ雑なホームページと運用になりますので、それなら何もしないほうがマシです。

自社だけでなんとかしようとする

ホームページ集客は、ほとんどの企業が考えるほど甘いものではありません。毎日のようにGoogleのシステムは進化し続け、世の中のホームページは増え続け、それに対応するためには最新で最適な知識とスキルを要します。信頼できる制作会社など、外部の専門家を交えて戦略的に進めていかなければ、絶対に集客にはつながりません。

忙しいことを言い訳にする

前述のとおり、ホームページ集客には運用が極めて重要です。最高のホームページを制作しても、放置していては宝の持ち腐れです。毎日、コンテンツ配信を行いながら、しっかりと更新していくことが重要です。
「今月は忙しくて…」などと運用や更新を後回しにしてしまうような企業は、いつまで経っても集客することはできません。

コツコツ継続できない

集客の効果をすぐに求めすぎる企業も、ホームページ集客に失敗しやすい企業と言えます。ホームページ集客は、1ヶ月や2ヶ月で結果が現れるようなものではなく、数ヶ月〜1年と言った歳月をかけて、初めて成し得るものです。結果を焦らず、コツコツと地道に継続していける企業でなければ、ホームページを集客できるように育て上げることはできません。

向いていないと判断した場合には制作をお断りすることも

このように、そもそも業種や地域的にホームページ集客に向かない企業もあれば、経営体制や資金的な問題から向かない企業もあります。
ほとんどの制作会社は、このようなホームページ集客に向いていない企業に対しても、「やってみましょう!」と制作を勧めてしまいます。これでは、初めから魚のいない池で釣りをするようなものであり、集客できるはずがありません。
弊社は、ホームページ集客に向かない企業からの相談があった場合は、明確に、その旨を伝えています。その上で、まずはホームページ制作ができる体制作りから始めて、ホームペー集客を行うことができる体制ができ上がったら、晴れて政策をお引き受けしています。

今回のまとめ

世の中のホームページ制作会社は、目の前に仕事があるのに断るようなことはしません。そのため、御社が仮にホームページ制作に向かない企業だったとしても、それを教えることはありません。そのため、いつまで経っても集客できずに、お金だけが消えていきます。
弊社は、ホームページ制作を行う前に、ホームページ集客ができる企業か否かを見極めます。ホームページ集客が困難な場合は、経営体制から見直し、ホームページ集客ができる体制の構築をお手伝いしています。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ