COLUMN

コラム

SEO会社にお金を払ってSEO対策を依頼するのはほとんど無意味

2018.05.03

コラム


弊社に相談に来るお客様の中にも、「お金を払ってSEO対策をお願いしているが結果が出ない」とお悩みの方がたくさんいます。肌感覚ですが、その費用は月額5〜15万円が多いように感じます。
弊社が分析をすれば、そのSEO会社がどんな対策を施しているのか概ねわかるのですが、そのほとんど(全てといっても過言ではありません)が、あまり意味のない対策を施しています。その結果、ホームページの検索順位が上がらないか、上がってもすぐに下がってしまうような状態に陥ってしまっています。
今回は、そんなSEO会社にお金を払ってSEO対策を依頼している企業に読んでいただきたい、そんなSEO対策が無意味な理由をお伝えいたします。

SEO会社の99%が無意味なSEO対策です

インターネットで検索すると、「月額○円で検索順位を上げます」と言う企業がたくさんヒットします。これらの企業のことを一般的にSEO会社と呼び、ホームページ制作を行うのではなく、すでにあるホームページに何らかの対策を施すことが一般的です。
しかし、こうしたSEO会社が行う対策のほとんどが、実際はSEO対策においては無意味なものであり、実際は、検索順位が上がることはないか、仮に上がったとしてもすぐにまた元に戻ってしまいます。

そもそも苦労なくGoogleの検索順位が上がるはずがない

そもそも、ホームページのコーディングを構築し直すこともなく、原稿を書き換えることもなく、後付けで検索順位を上げることなど物理的に不可能です。
こうしたSEO会社の行う対策は、ほぼ全てが、Googleが認めていない「不適切なSEO対策」であり、ブラックハットSEOとも呼ばれています。
考えても見てください。2018年4月時点で時価総額が約80兆円で世界第4位の金額を誇るGoogle(法人名はアルファベット社)のシステムの裏をかいて、名古屋や東京の資本金たかだか数百万円の企業が、ブラックハットSEOを成功させることができるでしょうか?世界最大級の企業が提供するプラットフォームの中で、日本の中小企業が裏技的にSEO対策を成功させることは、現実的にほぼ100%不可能です。

唯一、お金を払って行うSEO対策の中にも効果的なものがある

しかしながら、お金を払って行うSEO対策の中で、唯一、効果的なものがあります。それは、ホームページの「コーディングの見直し」「原稿の修正」「コンテンツマーケティングの実施」等です。
これらの対策は、Googleが認める正攻法のSEO対策であり、お金を支払ってその正しい対策をサポートしてくれる企業であれば、唯一、効果的です。しっかりとSEO対策を施して、確実かつ安定的に検索順位を上げるためには、正しいSEO対策の実施をサポートしてくれる企業を選び、その企業と一緒に二人三脚でマーケティングを行うことが大切です。
間違っても、「お金さえ払えばすべての対策を行ってくれる会社」を選ばないようにしてください。正しいSEO対策を行う会社であれば、「お客様にもしっかり協力してもらいます」と申し出があるはずです。

今回のまとめ

最近は、楽して検索順位を上げてくれるというSEO会社が増えました。しかし、私たちがそんな会社の対策方法を見ると、全くといって良いほど検索順位が上がるような対策がなされていません。その結果、たくさんの企業が「効果が出ません」と弊社に相談にいらっしゃいます。
Googleも言っていますが、楽してできるSEO対策はありません。正しい方法でSEO対策を行いたいとお考えの企業は、弊社にご相談ください。お客様にもしっかりとご協力いたしますが、本当に効果の出る、正攻法のSEO対策を提供いたします。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ