COLUMN

コラム

統一感があって情報が伝わりやすいホームページデザインのポイント

2018.05.28

コラム


普段ホームページを見ていて、統一感がなく情報が分かりづらいと感じた経験はありませんか?そのような場合は、ホームページ内の情報を上手くまとめられていないのかもしれません。情報が分かりにくいと、ユーザーはホームページを読むことを諦めてしまい、その結果離脱に繋がってしまう可能性があるため、自社ホームページの情報がうまくまとめられていて、伝わりやすく統一感のあるホームページデザインになっているかを確認することをおすすめします。
今回は、ホームページに統一感を出すための「反復・繰り返し」のレイアウト方法についてお伝えします。

統一感のある「反復・繰り返し」のレイアウト方法

写真や商品のメニュー等、同じグループの要素について、全て同一のデザインルールをもとにしてレイアウトを行う技法を「反復・繰り返し」といいます。
「反復・繰り返し」は、非常にシンプルで簡単な技法であり、同じグループ内の複数の要素に同じデザインを適用させるだけで規則性が生まれ、統一感やまとまりのあるホームページデザインになります。ここでいう同じデザインは、以下のデザインが挙げられます。

写真のサイズ
文字のサイズ
書体の種類
装飾
配置の仕方
マージン

ユーザーは、複数の要素に規則性があることを認識すると、情報を容易に把握することが可能になるため、同じグループの要素であるのにも関わらず少しでも違うデザイン要素があると、情報を理解するのに少し時間がかかってしまいます。ユーザーが情報を容易に把握できるようにするために、先程挙げた点を意識した統一感のあるホームページデザインにしましょう。

「反復・繰り返し」と「コントラスト」の組み合わせ

「反復・繰り返し」は、前回ご紹介したホームページを見やすく魅力的にする文字と写真のコントラストを組み合わせることにより、さらに効果的になります。
ホームページ内の記事一覧ページのデザインで例えると、記事のタイトルを強調し、日付や記事の紹介文等と対比させた上で、それらを繰り返し配置させます。このように配置することにより、要素同士がまとまって統一感が生まれ、ユーザーに情報が伝わりやすくなります。

今回のまとめ

上述のとおり、同一グループの要素は、デザインを統一させて「反復・繰り返し」させることにより、ユーザーに情報を伝えやすくなります。また、「反復・繰り返し」だけでなく、「コントラスト」を組み合わせるとさらに効果的になります。
自社ホームページは、情報がまとまっていて統一感があるホームページデザインになっていますか?冒頭でお伝えしたとおり、情報の分かりにくさは離脱につながってしまう可能性があるため、今一度自社ホームページの見直しをおすすめします。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ