COLUMN

コラム

ホームページ制作会社に意見を言うべき時と言わない方が良い時

2018.08.13

コラム


ホームページを制作する際は、基本的に制作会社が進行しながら制作を進めていきます。その際に、原稿やデザインなど、様々なシーンで「ちょっとイメージと違うな。」と感じることもあるかと思います。そんな時、制作会社には、意見を言うべきなのか、言わない方が良いのか悩みますよね。
今回は、そんなホームページ制作において、制作会社に意見を言うべき時と言わない方が良い時の考え方をお伝えしていきます。

基本的に制作会社には意見を言うべきです

ホームページ制作会社は、そのレベル間は様々ですが、どの会社も総じてある程度の経験やマーケティングのノウハウを持っているはずです。この記事では、もちろんそんな優秀な制作会社を想定して執筆していますが、そうではない制作会社も多数あります。その場合は、そもそも制作会社選びの段階で間違えているため、ここではあえて割愛します。
さて、制作会社から原稿やデザインが上がってきたときに、「え!?なんかイメージと違う…」といったことも起こり得ます。そんなときに、多くのお客様は、「でも素人が意見して良いのかな?」「口を出すと、集客効果が下がるかも」といった不安を抱えながら悶々としている企業も多いのではないでしょうか?
そんなときは、ぜひ感じたままの意見を制作会社にぶつけてください。制作会社もプロですが、やはり日頃から業界に身を置くお客様の方が、生の現場意見を持っています。また、高い買い物になるのですから、少しでも不満や気に入らない点があれば、後で後悔しても遅いので言っておいてください。
そんなお客様からの意見を踏まえて、修正するのか、それでもマーケティングの見地から絶対に譲れないのかを制作会社は判断して、対応を考えます。
制作会社と(良い意味で)戦うことを諦めては、絶対に良いホームページはできません。

任せるべきところは思い切って任せましょう

制作の中で気になる点はどんどん制作会社に行っていく方が望ましいのですが、必ずしもそうでないケースがあります。それは、意見を言ったときに、制作会社が「ここは○○な効果を持たせるために、このように作っています」というマーケティングの見地から合理的な説明があった場合です。
こうしたマーケティングに関する制作会社の想いを覆してしまうと、当初予定していた集客効果を獲得することができなくなり、コンバージョンが大きく下がってしまうことがあります。
見る人の好みに左右される情緒的な部分はどんどん意見して、集客の根幹に関わるところは、思い切って制作会社に任せて見てください。

今回のまとめ

今回ご紹介したように、ホームページ制作において制作会社に意見すべきか否かで悩んでいる企業は多いように感じます。また、私たちが日々制作していても、「もっと言って欲しいな」と思うことや、逆に「ここを変えたらSEO効果が下がるのにな」というようなことも多々あります。
皆様がホームページを制作するときは、どうしても気になるところや見る人の好みが出るところはしっかりと意見を言い、集客に関わるとことは思い切って制作会社に任せて見てください。きっとお客様自身も満足できて、集客もできるホームページが出来上がると思います。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ