COLUMN

コラム

【簡単】Googleアナリティクスで問い合わせフォームのコンバージョン数を計測する設定方法

2017.11.03

コラム


ホームページを運営している方であれば、Webサイトのページ閲覧数や訪問者数を計測するツールとして有名な、「Googleアナリティクス」というアクセス解析ツールをご存知ではないでしょうか。

このGoogleアナリティクスは、単純に訪問者がどれだけのページを閲覧したか、滞在時間はどのくらいだったのかといったデータの収集だけでなく、設定した目標の達成数を把握することもできます。

そこで今回は、問い合わせフォームのコンバージョン数をGoogleアナリティクスで計測する方法をお伝えいたします。

なぜ目標設定(コンバージョン設定)が必要なのか

Googleアナリティクスは、月日が経過した後に目標設定を行っても遡って過去のデータを収集することはできません。
そのため、ホームページの分析をしっかり行って、着実に成果を伸ばしていきたいとお考えであれば、ホームページの公開当初に目標設定(コンバージョン設定)をしておくことが非常に大切です。
どのようなホームページであっても何らかの目的(ゴール)が存在すると思います。
例えば、コーポレートサイトであれば、製品やサービスへのお問い合わせの獲得、ショッピングサイトなら商品の購入がそれに該当します。
これらの目的が達成されたかどうかは、お問い合わせなどがあった際に手動で表計算ツールを使いデータ蓄積していくも可能ですが、あまりに非効率的であり、余分な業務を増やしかねません。
そこで、高機能なアクセス解析ツールのGoogleアナリティクスを活用し、適切な目標設定を行うことで、効率的に正確なコンバージョン数を計測することが可能となります。
では次に、実際のGoogleアナリティクスに目標設定をする方法を解説していきます。

コンバージョンとは?
コンバージョンとは、もともと英語では変換や転換といわれているものですが、インターネット上では商用目的などのホームページで獲得できる最終的な実績や成果のことを指します。

Googleアナリティクスの目標設定手順

Googleアナリティクスでは、様々な目標設定を行うことが可能ですが、今回は最も基本的な「お問い合わせフォーム」のコンバージョン数を設定していきます。
スマホからホームページ上の電話番号をタップした数を計測する方法はこちらの記事(電話コンバージョンをGoogleアナリティクスで計測する方法(リンク))をご参照ください。
※なお、Googleアナリティクスにアカウント登録済みでホームページ内部にアクセス計測コードが設置されていなければ、設定を行えませんので注意が必要です。

 

Googleアナリティクスにログイン後、画面左下の歯車アイコンをクリックし、管理画面の「ビュー」のメニューから「目標」をクリックします。

次に新しい目標をクリックします。

「目標設定」の中の「問い合わせ」のラジオボタンを選択し、「続行」をクリックします。

「目標の説明」の「名前」欄にコンバージョンの名前を付けます。今回は「問い合わせフォーム送信完了」と付けます(名前は自由に決められます)。「タイプ」は「到達ページ」のラジオボタンを選択し、「続行」をクリックします。

「目標詳細」の「到達ページ」欄にお問い合わせ完了ページのURLを入力し、入力フォーム左のマッチタイプを「等しい」「先頭一致」「正規表現」のいずれかから選択します。 マッチタイプの選び方はアナリティクスのヘルプをご参考ください。

アナリティクスペルプ:到達ページ目標の設定例

最後に「保存」をクリックすれば、Googleアナリティクスの設定は完了です。

設定した目標の計測テスト

先ほどの設定がきちんと反映されているか確認するため、実際にお問い合わせフォームにテスト送信を行い、Googleアナリティクスの計測状況を見てみましょう。
再び、Googleアナリティクスにログインし、「リアルタイム」カテゴリの「コンバージョン」メニューを開きます。

目標設定を行ったホームページのお問い合わせフォームにテスト送信を行います。下の画像のようにコンバージョン数値が上がっていれば、適切に計測できていることがわかります。

目標設定を行ってすぐに計測できなかった場合は、Googleアナリティクスの反映に時間がかかることもあるため、数時間経ってから再度確認しましょう。1日以上経過しても計測できなかった場合は、設定が間違っている可能性がありますので、再度設定を見直してみましょう。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
設定する手順はそれほど難しいものではありませんので、ホームページの成果を正確かつ効率的に収集するためにもコンバージョン計測環境を構築していきましょう。
今回は基礎的な到達ページの計測のみについて解説しましたが、これを応用すればファイルダウンロード数の計測なども行えるようになります。
また、目標設定を正しく行っておかないと、ホームページの分析に必要なデータが、そもそも取れないという事態になってしまいますので、目標設定をまだ行っていない方は、すぐにでも設定することを推奨します。
この記事をお読みの皆様もぜひ、Googleアナリティクスを利用したコンバージョン数の計測にチャレンジしてみましょう。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ