COLUMN

コラム

モバイルファーストインデックスに備えてホームページをスマホ対応させましょう

2017.11.05

コラム


現代は、ほとんどの方がインターネットの利用経験があり、ここ数年はスマートフォンによるインターネット利用が過半数を占めます。つまり、パソコンでホームページを閲覧する人よりも、スマートフォン(スマホ)でホームページを閲覧する人の方が多いということです。
そんな時代背景を踏まえて、Googleは、モバイルファーストインデックスというアルゴリズムを導入しました。
今回は、このモバイルファーストインデックスの概要と、企業における対応策についてお伝えしていきます。

【目次】
1.モバイルファーストインデックスとは
2.モバイルファーストインデックスに対応するための注意点
 a.レスポンシブデザインでサイトを制作していること
 b.パソコンとスマホでホームページの情報量を変えない
 c.Google Search Consoleにスマホ用のホームページも登録する
3.今回のまとめ

モバイルファーストインデックスとは

Googleは、2016年11月に「モバイルファーストインデックス(MFI)」というアルゴリズムを発表しました。このモバイルファーストインデックスとは、スマホで検索した場合の検索順位を優先し、その結果をパソコンの検索順位に反映するという考え方です。
これまでGoogleは、ユーザーがパソコンで検索することを前提に、それぞれのホームページの検索順位を決定していました。その上で、スマホで検索された場合にのみ、スマホ対応の有無等を考慮して、スマホ用の検索順位を表示していました。(あくまでも、パソコン用の検索順位をスマホでも表示し、スマホ用に若干の調整を行なっていました。)
しかし、今後は、スマホ用の検索順位を優先し、その結果をもとにパソコン用の検索順位を決定するという流れに変更されました。そのため、いくらパソコン用の素晴らしいホームページを持っていても、スマホ対応していなければ、スマホの検索順位はもちろんのこと、パソコンの検索順位までも下げてしまうことになります。

モバイルファーストインデックスに対応するための注意点

Googleの発表したモバイルファーストインデックスに対応するためには、次の3点に配慮してホームページを制作することが大切です。逆に、次の3点に対応しきれていないホームページをお持ちの企業は、大きく検索順位を下げる可能性がありますので、この機会に準備を進めてください。

レスポンシブデザインでサイトを制作していること

レスポンシブデザインとは、パソコンで見たときはパソコン画面に対応し、スマホで見たときはスマホ画面に対応したデザインで表示されるようなシステムで作られたホームページのことです。つまり、一つのホームページを、ユーザーが使用している端末に応じて、見せ方を変えているということです。
なお、パソコン用のサイトと、スマホ用のサイトの両方を製作する制作会社もありますが、これはお勧めできません。あくまでも、一つのサイトをスマホでも、パソコンでも美しく閲覧できるレスポンシブデザインで制作することが大切です。

パソコンとスマホでホームページの情報量を変えない

レスポンシブデザインで制作されているホームページでも、パソコンで見たときとスマホで見たときの情報量に差があるホームページをよく見かけます。スマホで見られるホームページは、画面が小さいため情報量を少なくし、パソコンで見られるホームページは、情報量をたくさん載せているホームページのことです。こういったホームページは、「パソコン向けに作られたホームページ」とみなされ、検索順位を大きく落としてしまいます。

Google Search Consoleにスマホ用のホームページも登録する

Googleには、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)というシステムがあります。これは、Googleからホームページに関する情報を受け取ったり、Googleに対して自社のホームページの存在をPRしたりできるシステムです。このGoogle Search Consoleに自社のホームページを登録している企業は、スマホサイトの登録も行なってください。

今回のまとめ

今回は、少し難しい内容だったかもしれませんが、簡単にいうと「スマホ対応していないホームページは検索順位を大幅に下げる」ということです。今やほとんどの企業がホームページを有する時代になりましたが、スマホ対応できているホームページはまだ少ないように感じます。ホームページからしっかりと集客をしていきたいとお考えの企業は、レスポンシブデザインで制作する、もしくはレスポンシブ対応にリフォームすることをお忘れなく!

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ