名古屋のホームページ制作会社、WEB集客会社なら株式会社オンカ|ホームページを制作しない方が良い企業の4つの特徴

0120-038-517 0120-038-517 CONTACT CONTACT

MENU

COLUMN

2019.02.13

マーケティングコラム

ホームページを制作しない方が良い企業の4つの特徴

弊社は、毎日たくさんの企業から電話が鳴り、ホームページ制作の相談を受けています。しかし、そのうちホームページ制作のご依頼を引き受けるのは、2割程度です。残りの8割は、ホームページを制作しても業績が良くなる見込みがないので、制作のご依頼をお断りしています。
それでは、ホームページを制作して上手くいく企業と、そうでない企業の差は何でしょうか。今回は、ホームページを制作しない方が良い企業の特徴を4つご紹介いたします。

【目次】
1.ホームページは作れば必ず儲かるものではありません
2.ホームページを制作しない方が良い企業の特徴
 a.業界・地域がホームページ集客に向いていない
 b.コンテンツ更新の時間がない
 c.新規開拓の営業力がない
 d.制作後に追加の資金投入ができない
3.今回のまとめ

ホームページは作れば必ず儲かるものではありません

ホームページは、制作すれば必ず儲かるようなものではありません。これは多くの企業が勘違いしていますが、紛れも無い現実です。一方で、「うちでホームページ集客なんて」と諦めることもありません。つまり、ホームページ集客には向き不向きがあり、業績が上がる企業と上がらない企業に分かれます。
その違いを見極めることなく手当たり次第にホームページを制作している制作会社が多いために、ホームページを作ったのに儲からないと嘆く企業があるのです。本来、作っても意味のない企業には「やめた方が良い」と、作るべき企業には「絶対に作るべきだ」と説いていくのが、制作会社の務めです。

ホームページを制作しない方が良い企業の特徴

それでは、ホームページを制作すべき企業と、そうでない企業の違いは何でしょうか。ここでは、ホームページを制作すべきでない企業の特徴を4つご紹介いたします。ここに当てはまる企業はホームページ制作を見送るべきですし、当てはまらなければ積極的に制作を検討していきましょう。

業界・地域がホームページ集客に向いていない

そもそも、その業界・地域がホームページ集客に向いていなければなりません。つまり、世の中のユーザーが、その業種や地域でどれくらい検索しているのかという視点です。
特に、高齢者ばかりの地域や、インターネットで検索されないような業界は、どれだけ良いホームページを作っても無駄です。そのホームページは、誰にも見られることなく息を潜めてしまいます。

コンテンツ更新の時間がない

次に、ホームページは制作後の運用が重要です。特にコンテンツ記事の更新は最重要事項であり、この時間や人手が取れない企業は、絶対にホームページから集客できません。
コンテンツ記事の更新も立派な仕事のうちと考え、そこに人的リソースを割ける企業でなければ、ホームページは宝の持ち腐れです。

新規開拓の営業力がない

新規開拓の営業力がない企業も、ホームページを作らない方が良い企業です。ホームページ集客が軌道に乗ると、これまでその企業の存在を知らなかったお客様が訪れます。そのため、これまでは紹介やリピーターを相手にしてきたという企業は、契約まで持っていくことができません。
ホームページから問い合わせがあるお客様は、他者との比較を前提に訪れています。他者から奪い取れるだけの営業力がない企業は、インターネットリテラシーの高いお客様を獲得することは無理です。

制作後に追加の資金投入ができない

ホームページは、制作してからが本当の勝負です。そのため、制作で全ての予算を使い切ってしまうような企業は、集客できるステージまでホームページを育てることができません。
ホームページ制作後には、デザインや文章の修正、リスティング広告の運用など、様々な費用が発生します。こういった運用にもお金をかけられて、ホームページを育てていく視点がない企業は、ホームページ集客を成功させることはできません。

今回のまとめ

多くの制作会社は、ホームページ制作の依頼が来たら、何でもかんでも引き受けていると思います。しかし、弊社はしっかりと見極めた上で、無駄だと判断した場合は、遠慮なく断っています。酷いように感じるかもしれませんが、これもお客様のためだと考えています。
これからホームページを制作しようと考えている企業は、まず一度、弊社にご相談ください。制作後に業績が向上するか否かをしっかりと診断いたします。