COLUMN

コラム

Googleのアルゴリズムアップデートに対応するために最も重要な視点

2019.05.03

コラム


Googleでホームページの検索順位を向上させるためには、Googleの方針に則った運用を行うことが重要です。しかし、Googleの方針を捉え違えたままコンテンツを蓄積し続けてしまうと、今後Googleが検索エンジンの評価基準(アルゴリズム)を改良する際、ホームページに大幅な修正が必要になってしまう可能性があります。そのため、Googleが何を最も重要視しているのか、アルゴリズムを背景から深く理解することが非常に重要です。
そこで今回は、Googleが今の指針を掲げることになった背景と、今後ホームページを運用する上で第一に考えるべきことについてお伝えします。

Googleがユーザーの利便性を追求することとなった背景

Googleの収入源は広告などの手数料であり、検索結果の広告枠に表示されるホームページがクリックされると、広告主からGoogleに手数料が支払われるという仕組みになっています。それならば、単純に広告枠を増やし、ユーザーが広告をクリックしやすい構造にすれば、より利益が上がるのでは、とも考えられます。しかし、売り込みのためのホームページで埋め尽くされ、必要な情報には中々たどり着けない検索エンジンを、利用したいと思うユーザーは果たしてどのくらいいるでしょうか。検索結果に広告を増やした結果、検索エンジンとしての利便性を下げ、結果的にユーザーが減ってしまっては本末転倒です。
そのためGoogleは、広告枠に表示されるホームページには「広告」ラベルを付け、オーガーニック検索枠の表示順位はお金で買えない仕組みにするなど、ユーザーが便利に利用できる検索エンジンとなるよう配慮しているのです。

ユーザーを第一に考えてホームページ運用を行いましょう

Googleは、ユーザーの利便性を追求するため、日々検索エンジンのアルゴリズムを改良しています。例えば、過度に同じキーワードを繰り返すコンテンツ作成は、以前であればホームページの検索順位を向上させるテクニックとして活用されていましたが、現在ではユーザーの理解を妨げる行為と判断され、スパムとして対処されるようになりました。
さらに最近では、GoogleはAIを活用した取り組みを行なっており、今後ますます人間の検索意図が正確に把握できるようになったり、人間に近い形でコンテンツの品質が理解できるようになるでしょう。そのため、検索エンジンに対する対策を行うのではなく、「ユーザーのため」という視点でホームページを運用していけば、結果的にGoogleの方針に沿ったホームページとなり、検索順位の向上に繋がります。
今後、安定的にホームページの価値を蓄積するためにも、ユーザーを第一に考えてコンテンツ作成を行なうことが重要です。

今回のまとめ

今後、ホームページの検索順位を安定させたいのであれば、Googleが何を最も重要視しているのか、その背景から深く理解することが重要です。
Googleの収入源は広告などの手数料ですが、検索結果に広告を増やした結果、検索エンジンとしての利便性を下げ、結果的にユーザーが減ってしまっては本末転倒です。そのため、Googleは「ユーザー第一」という指針を掲げ、よりユーザーが便利に使える検索エンジンとなるよう改良を続けています。
小手先のテクニックを活用した対策を行うのではなく、「ユーザーのため」という視点でホームページを運用していけば、結果的にGoogleの方針に従うことになり、検索順位の向上に繋がります。今後、安定的にホームページに価値を蓄積するためにも、ユーザー目線でコンテンツ作成を行いましょう。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ