名古屋のホームページ制作会社、WEB集客会社なら株式会社オンカ|検索エンジンの種類を紹介!ホームページ集客のためにこれだけは抑えておきましょう

0120-038-517 0120-038-517 CONTACT CONTACT

MENU

COLUMN

2019.08.01

マーケティングコラム

検索エンジンの種類を紹介!ホームページ集客のためにこれだけは抑えておきましょう


ホームページを制作する上でとても大切になる検索エンジンの仕組みの理解。この理解ができていないと無意識に検索エンジンに対するスパム行為を行なってしまい、莫大な不利益が生じるなんて非常事態もあり得ます。そこで今回は、よく使われる検索エンジンの種類と検索エンジンスパムについて説明していきます。これさえ理解しておけば、安全かつ安定的な集客を実現するホームページを制作することができます。

検索エンジンの中でも圧倒的人気を誇るのは?

インターネットが発達していく歴史の中で、数多くの検索エンジンも生まれてきましたが、より利用者の多い検索エンジンを利用した方が集客効果が望めます。まずはどんな種類のものがあるのかを一緒に見ていきましょう。

Google

日本だけでなく、世界的に見ても最も利用されている、言わずもがな代表的な検索エンジンです。Google検索を用いることで、世界中の知りたい情報を見つけることができます。

Yahoo!

日本国内では、Googleに次いで利用者が多い検索エンジンです。ですが、検索エンジン自体の仕組みはGoogleと同じで、検索結果もこの2つはほとんど同じものが表示されます。
Googleと異なる点と言えば、検索エンジン以外のショッピングやニュースなどの付随サービスが豊富であるところ。しかし、近年は世界的に見ても、Yahoo!の利用者は減少傾向にあります。

Bing

こちらは近年、Yahoo!を抜いて利用者が増えている検索エンジンです。Microsoftが開発する検索エンジンですが、まだまだ検索技術の面では情報が少ないことから、SEO対策などがあまりできていないページでも検索結果の上位入りが比較的簡単だと言われています。

ホームページ制作時の検索エンジンスパムってなに?

続いて、ホームページ制作を行うのであれば必ず知っておきたい「検索エンジンスパム」についてお話ししていきます。
そもそも検索エンジンスパムとは、SEO対策の技術を悪用することにより、検索エンジンを騙して検索結果の上位入りをする行為のことです。せっかくSEO対策の良い技術を持っていても、それが悪い方向に働くことでページ自体がスパムとして判断されてしまうことです。この検索エンジンスパムを無意識に行ってしまわないようにするにはどういったことに気をつければ良いのでしょうか。

検索エンジンスパムを回避するには?

ホームページからの集客を目指してSEO対策を行っても、それが検索エンジンスパムとして判断されて、かえって逆効果とならないようにするために注意しておきたいことを見ていきましょう。

キーワードの詰め込み

SEO対策としてキーワードを選定してページの制作を行うことは重要ですが、張り切ってキーワードを詰め込み過ぎるのは逆に禁物です。検索エンジンで上位に表示されるように、と思ってありったけのキーワードを詰め込んでしまうと検索結果の上位表示は叶わないことはもちろん、スパムとして扱われてしまう可能性もあります。
現在、キーワードを詰め込んでもSEO対策の効果が大幅に向上することはありませんので、キーワードは、本当に必要な数だけに留め、自然な文章を書くようにしてください。

クローキング

こちらは、ホームページ制作初心者だとあまり関わることのないものかもしれません。そもそも、クローキングとは、ユーザーには綺麗で見やすいデザインのページを見せておきながら、検索エンジンに対してはHTMLコードなどの手の込んでいて評価されやすいキーワードを多く含んだページを見せる、つまりユーザーと検索エンジンに対して異なるページを表示させるというものです。現在、このクローキングを行うと、検索結果から除外されたり、データベースごと(最悪の場合にはドメインごと)削除される、などの厳しいペナルティが課せられるようになっています。

ペナルティは解除可能

「ただページを良くしたい一心で制作していたのにスパムとして扱われて、ペナルティが課せられた…」そんなときには落ち込まず、ペナルティの原因を突き止めましょう。ペナルティを受けた部分を正しいものに修正すれば、ほとんどのペナルティの解除が可能です。
そのため「知らない間にスパムとして扱われていた!」というときは、制作会社に相談しながら冷静に対処できるようにしておきましょう。

今回のまとめ

今回は、検索エンジンの種類や検索エンジンスパムにならないように注意するべき点について説明をしました。キーワード選定をしてSEO対策をすることもとても大切ですが、SEO対策に夢中になりすぎて検索エンジンスパムとして扱われた!なんてことがないように、今回の内容を踏まえながらホームページ制作を行い、正しい集客を行っていきましょう!