COLUMN

コラム

パラグラフライティングをマスターして質の高いコンテンツ記事を作成する方法

2017.11.28

コラム


「パラグラフライティング」という言葉を聞いたことはありますか?
本記事で解説していくパラグラフライティングは、アメリカをはじめとする欧米諸国では、当たり前のように指導される論理的な文章の書き方です。しかし、私たち日本人には馴染みがないため、理解して正しく行えている人は多くありません。私たちに馴染みの薄いパラグラフライティングですが、しっかりと理解し、実践していくことで、ユーザーにとって有益なコンテンツ記事を発信していくことができるようになります。
そこで今回は、正しくパラグラフライティングを行う方法と、パラグラフライティングを実践することで得られるメリットについてお伝えしていきます。

パラグラフラインティングとは?

皆さんが学生の頃、作文を書く際に、行の始まりの一文字を字下げして段落を作りながら文章を書いた記憶があるのではないでしょうか?
パラグラフライティングとは、この作文の段落作りと同じで、一つの内容に集中して文章のかたまりを意識しながら書くことを指します。パラグラフライティングの「パラグラフ」とは日本語で「段落」という意味があり、伝えたい内容を段落ごとに分けて書くことで、ユーザーが読みやすい文章の構成になります。
とは言っても、「自分の書いている文章が適切にパラグラフライティングを行えているのかわからない」という方もいらっしゃると思います。そこで、続いては、パラグラフライティングの良い例と悪い例について解説していきます。

パラグラフライティングの良い例・悪い例

前項でもお伝えしたように、パラグラフライティングを行う上で、意識しなければいけないのは、段落ごとに伝えたい内容を統一して書くことです。
まずは、パラグラフライティングを正しく行えていない例として以下の文章を読んでみましょう。

【パラグラフライティングの悪い例】
ここ名古屋にも素晴らしいホームページ制作会社が沢山あります。良いホームページ制作会社を見分ける判断基準の一つに「SEO対策を適切に行ってくれるか」という視点があります。SEOとは、Search Engine Optimizationの略称であり、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味で、Googleなどの検索エンジンに自社のホームページを理解してもらい、検索結果の上位に表示させるために行う取り組みのことです。SEO対策を適切に行ってくれるかを見分けることは、素人には困難ですが、ひとつの見分け方として、その制作会社のホームページ自体が、どれだけ上位表示されているかを見れば、その会社のSEO対策のレベルを測ることができます。

 

この文章では、良いホームページ制作会社の見分け方について書き始めたものの、途中で出できた「SEO対策」という言葉の意味を説明してしまっています。したがって、この文章を読んだ人は、「このパラグラフで言いたいことは、良いホームページ制作会社の見分け方?それともSEO対策の説明?」と混乱してしまいます。親切心で書き加えた説明が、読み手を混乱させる原因となってしまう可能性もあるのです。
このような難しいテーマの場合は、一つのパラグラフの中にテーマから外れる話題が混ざってしまうと文章が複雑化してしまうため、次の文章のように、一つのパラグラフの中では一つのテーマに関することのみを書くように意識しましょう。

【パラグラフライティングの良い例】
ここ名古屋にも素晴らしいホームページ制作会社が沢山あります。良いホームページ制作会社を見分ける判断基準の一つに「SEO対策を適切に行ってくれるか」という視点があります。SEO対策を適切に行ってくれるかを見分けることは、素人には困難ですが、ひとつの見分け方として、その制作会社のホームページ自体が、どれだけ上位表示されているかを見れば、その会社のSEO対策のレベルを測ることができます。

 

さらに、【パラグラフライティングの悪い例】のようにSEO対策についての説明を入れたい場合は、以下のようにSEO対策について説明するための別のパラグラフを作成しましょう。

■良いホームページ制作会社を見つける方法
ここ名古屋にも素晴らしいホームページ制作会社が沢山あります。良いホームページ制作会社を見分ける判断基準の一つに「SEO対策を適切に行ってくれるか」という視点があります。SEO対策を適切に行ってくれるかを見分けることは、素人には困難ですが、ひとつの見分け方として、その制作会社のホームページ自体が、どれだけ上位表示されているかを見れば、その会社のSEO対策のレベルを測ることができます。
 
■SEO対策とは
SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略称であり、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味で、Googleなどの検索エンジンに自社のホームページを理解してもらい、検索結果の上位に表示させるために行う取り組みのことです。

 

このように小見出しをつけることで、複数のパラグラフが並んでいる場合でも読みやすくなります。一つのパラグラフでは一つのテーマに絞って書くことで、テーマが統一され、簡単に見出しを見つけやすくなるという効果もあります。そのため、読み手は、見出しを見ただけで「このパラグラフにはどんなことが書かれているのか」を把握することができ、読みたいパラグラフのみを読むことも容易になります。

パラグラフライティングを行うメリット

パラグラフライティングを理解して文章を理解していくことで、論点がずれることがなく、1コンテンツ1テーマで完結することができます。これによって、ユーザーの理解力が深まり、さらなるページビュー数の向上につながります。
また、パソコンやスマートフォンという限られた画面の中でも読みやすくなります。これによって、あらゆるユーザーがストレスなく記事を読むことができ、ページの離脱率を抑えることができます。
メリットの多いパラグラフライティングを適切に行っていくことにより、ユーザーの理解力が深まるだけでなく離脱率を抑えることも可能になるため、コンバージョン率の向上とSEO対策においても高い効果を発揮してくれます。

今回のまとめ

パラグラフライティングとは、「段落ごとに伝えたい内容を統一して「読みやすい構成で文章を書いていくこと」です。一つのコンテンツ記事内でテーマが異なる内容を書きたい場合は、見出しをつけるなど、パラグラフを二つに分けて書くことで、ユーザーは格段に読みやすくなります。
したがって、パラグラフライティングの正しい方法やメリットを理解することは、ユーザーにとって有益なコンテンツの創造に繋がるだけではなく、SEO対策においても効果を発揮します。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ