COLUMN

コラム

Googleキーワードプランナーで具体的な検索ボリュームを表示させる方法

2017.08.17

コラム


WEBマーケティングを行う中で、必要不可欠なツールであるGoogleアドワーズ。
その中でも最も使用頻度が最も高いと言っても過言ではない機能が、Googleキーワードプランナーという検索ボリュームの検索機能です。
しかし、このGoogleキーワードプランナーは2016年夏頃に仕様変更され、検索ボリュームが大まかな数字(「10〜100件」「1万〜10万」など)でしか表示されなくなってしまいました。
今回は、そんなGoogleキーワードプランナーの概要と、以前と同じように具体的な検索ボリュームを表示させるための方法をご紹介いたします。

Googleキーワードプランナーとは

Googleキーワードプランナーとは、Google社が提供する「Googleアドワーズ」というWEB広告の運用サービスの中の機能の一つです。ユーザーが選んだ検索キーワードの月間検索ボリュームを調べるためのツールとして、WEB広告を出稿するための事前調査や、ブログを書く上でのキーワードの選定など、多くの企業で活用されています。

この機能を使えば、自社のホームページを制作する際に、「どんなキーワードを盛り込めばアクセ数が伸びるのか」「そんなキーワードが世間の人に求められているのか」を簡単に調べることができます。
Googleアドワーズの公式ページはこちらをクリック

Googleキーワードプランナーの使用料が有料に

Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調べると以前は、「320件」「850件」といったように10件単位で表示されていましたが、2016年の途中から「100〜1,000件」「1万〜10万件」といった大まかな情報しか表示されなくなりました。このような抽象的な検索ボリュームでは、市場のリアルな状況を知ることができないため、多くの方が困惑しています。

この状況を解決するには、Googleアドワーズの広告サービスを活用しなければなりません。つまり、これまでは無料で具体的な検索ボリュームを調べることができていましたが、2016年以降は、有料で何らかの広告を出稿しなければ調べることができないシステムになり、実質的に有料化されました。

Googleキーワードプランナーで具体的な検索ボリュームを表示させる

リスティング広告を出稿すること

Googleキーワードプランナーで具体的な検索ボリュームを知るためには、何らかのWEB広告を出稿しなければなりません。このWEB広告のうち、最も手軽でかつ多くの企業にとって有用性の高い、リスティング広告を活用されることをお勧めします。
リスティング広告は、Googleアドワーズの管理画面から出稿することができ、出稿するキーワード(どの検索キーワードに広告を表示させるのか)、出稿する国、出稿料金を細かく設定できます。

なお、出稿した広告は1日あたりの金額上限を設定できますので、広告を出稿する必要がない方は、1日50〜100円程度に設定しておけばコストを最小限に抑えて出稿することができます。

出稿した広告の審査が完了すること

広告の出稿が完了すると、数分〜数日間の間でGoogleが審査を行います。ほとんどの場合問題なく審査は通過しますので、審査完了まで待機してください。なお、審査の進捗はGoogleアドワーズの管理画面のうち「広告」というタブの中の「ステータス」という欄で確認することができます。ここが「審査中」から「承認済み」になれば審査完了です。

1ドル以上の広告費用が計上されること

ここで終わりかと思いきや審査が完了しても、実際に広告が活用されなければGoogleキーワードプランナーは解禁されません。実際に広告がクリックされるまで待つか、ご自身で意図的にクリックすることで、広告費用が1クリック分計上され、これで晴れて具体的な検索ボリュームを調べることができるようになります。

継続して広告費用が計上されること

最後に、上記の方法で具体的な検索ボリュームが表示されるようになっても、最後に広告費用が発生してから1ヶ月以上広告費用が計上されないと、また元の状態に戻ってしまいます。つまり、毎月少なくとも1クリック以上され続ける(もしくは自身でクリックする)必要があります。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。突然、Googleキーワードプランナーが使えなくなってお困りの方も多いかと思いますが、本記事の手順に則って手続きを行えば、誰でも具体的な検索ボリュームを調べることができます。
最低でも一ヶ月に1クリックされることが必要ですので、月に数円〜数十円のコストはかかってしまいますが、便利な機能をこの価格で利用できるのは魅力的ですね。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ