COLUMN

コラム

今さら聞けない!ホームページ集客においてペルソナを設定する必要性

2018.03.15

コラム


「ペルソナ」とは、自社の商品やサービスを利用する架空の顧客像のことで、マーケティングにおいて活用される要素です。マーケティングの勉強をされたことがある方や、ホームページ集客を行なっている方であれば、一度は耳にしたことのある言葉だと思います。
しかし、ペルソナとは、一体どのような要素なのか今さら人には聞けないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、 ペルソナの基礎知識と、ホームページ集客においてペルソナが必要な理由についてお伝えしていきます。

ペルソナとは

冒頭でもお伝えしたとおり、ペルソナとは、自社の商品やサービスを購入・利用する架空のユーザー像のことです。元々は、「仮面」を意味する言葉ですが、そこから派生してマーケティングの世界では、架空のユーザー像を表すようになりました。一般的に、企業が新しい商品やサービスを作る際は、「いつ、どこで、どのような人が、どんなニーズをもって購入する商品なのか」を想定して企画を行いますが、この「どのような人」という部分がペルソナにあたります。
自社ホームページからの集客を得るためには、ユーザーのニーズを的確に把握する必要があるため、理想のユーザー像をただ箇条書きにするだけではなく、顧客のデータやインタビューなど実在するユーザーの情報をもとに作成する必要があります。
以下のように、年齢や性別、職業、年収、さらには家族構成や趣味など、あたかも存在する人物のように細部まで設定したペルソナを作成することが大切です。

ホームページ集客においてペルソナを設定する必要性

企業が商品やサービスを作る際は、世代や性別が異なる様々な社員が携わります。また、価値観は人それぞれ異なるため、商品やサービスに対して欲するものや感じるイメージも異なります。そのように共通の認識を持てないまま商品開発やマーケティングを進めてしまうと、それぞれの思い描くユーザーのニーズに齟齬が生じ、結果的にユーザーに役立つ商品や満足度の高いサービスをつくることができなくなる可能性があります。そのため、ペルソナで具体的なユーザー像を設定してマーケティングに関わるすべての社員の認識を統一させ、自社が開発すべき商品・サービスや行うべき戦略を明確にすることが大切です。
そして、作成したペルソナのニーズを満たすような商品やサービスをつくり上げることで、結果的に実在する多くのユーザーのニーズを満たすことができ、さらには、商品やサービスの精度の向上にもつながります。

今回のまとめ

今回は、ホームページ集客において欠かすことのできないペルソナ設定の基礎知識と必要性についてお伝えしました。
ペルソナとは、自社の商品やサービスを購入・利用する架空のユーザー像のことで、実在するユーザーの情報をもとに設定します。このペルソナのニーズを満たすような商品やサービスをつくり上げることで、結果的に実在するユーザーのニーズを満たすことができるだけでなく、商品やサービスの精度の向上も期待することができます。
そのため、常に最新のペルソナを作成して活用することを心がけ、時代によって変動するユーザーのニーズに臨機応変な対応を行うことが大切です。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ