COLUMN

コラム

【初心者向け】コンテンツ記事においてリード文を執筆する際に押さえるべき3つのポイント

2018.04.09

コラム


「リード文」とは、記事の冒頭部分での挨拶や、問題提起、その記事で伝えたい情報などを記した文章のことで、まさに今、皆さんが読んでいるこの文章のことを指します。
ホームページ上などで公開するコンテンツ記事の執筆を行う方は、リード文を書く機会があると思いますが、「リード文がどのような役割を担っているのか」「どのように書けば良いのか」など疑問を感じて迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?
そこで今回は、コンテンツ記事においてリード文が必要な理由や執筆する際に押さえておきたい3つのポイントについてお伝えします。

【目次】
1.コンテンツ記事においてリード文が必要な理由
2.リード文を執筆する際に押さえておきたい3つのポイント
 a.記事の内容をわかりやすく端的にまとめる
 b.記事を読むメリットを伝える
 c.正しい根拠のないことを伝えない
3.今回のまとめ

コンテンツ記事においてリード文が必要な理由

冒頭でもお伝えしたとおり、リード文は、ユーザーに記事の内容や方向性を伝える役割を担っています。例えば、上級者のユーザーが初心者向けの記事を読んだ場合、「この記事の内容はすでに知っているから読んでも満足しなかった」と感じてしまう可能性があります。しかし、リード文で「初心者向けの内容である」ことを記載し、ユーザーにわかりやすく伝えることで、初心者向けの記事を探している人に読んでもらうことができるようになるため、記事の本文を読んだユーザーの満足度の低下を避ける効果があります。
また、リード文の内容でユーザーの興味を引きつけることも、大切なポイントです。リード文で注意を引いておくことで、その後の記事を読んでもらえる可能性も高まり、ページ滞在時間の向上に資することができます。

リード文を執筆する際に押さえておきたい3つのポイント

ユーザーに最後まで記事を読んでもらうためのリード文を執筆するには、「どのようなユーザーに伝えたい内容なのか」や「記事を読むメリット」など、以下のポイントを押さえて執筆していくことが大切です。

記事の内容をわかりやすく端的にまとめる

インターネット上には、数え切れないほどのコンテンツ記事が存在するため、リード文で何を言いたいのかわからないという印象を与えてしまうとユーザーが本文を読み終わる前にページから離脱してしまう可能性があります。
そのため、リード文は、わかりづらい文章にならないよう、要点を抑えつつ簡潔にまとめることを意識して執筆することを心がけましょう。

記事を読むメリットを伝える

この記事を読むことでどのように問題を解決できるのかということを記載し、記事を読むメリットを伝えることでユーザーの興味や関心を引きましょう。ユーザーにとって有益な情報が記事に記載されていると思わせることで、ページの離脱率を抑え、滞在時間を伸ばす効果も見込めます。

正しい根拠のないことを伝えない

リード文に限ったことではありませんが、根拠のない内容を事実として伝えることは、ユーザーからの信頼を損ねるだけでなく満足度の低下にもつながります。そのため、ユーザーに情報を伝える際は、前提として、その情報が正しいものなのかを確認することが大切です。
オリジナルコンテンツを作成するための3つの情報収集術と著作権のルール」では、ただ情報収集を行うだけではなく、情報の信憑性や著作権など気をつけるべきポイントを詳しく解説していますので、ご覧ください。

今回のまとめ

リード文とは、この記事で何を知ることができて、どういう問題を解決できるのかということをユーザーにわかりやすく簡潔に伝えるための文章のことを指します。
今回、お伝えしたリード文が必要な理由や書き方のポイントを押さえることで、どのようなリード文にすれば良いのか方向性を定めやすくなります。また、ユーザーにとってわかりづらい表現をしていないか、内容とつながりのないリード文になっていないかなど、しっかりと校正を行うことも重要です。
以下のコラムでは、詳しい校正方法についてお伝えしていますので、あわせてお読みいただき、より良いコンテンツ記事の作成にお役立てください。
その記事公開して大丈夫? コンテンツ記事を公開する前に文章校正を行う重要性と校正方法

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ