名古屋でホームページ制作を通じてWEB集客を支援する(株)オンカの「お知らせ・コラム」ページ

TEL.0120-038-517 CONTACT

NEWS & COLUMN

お知らせ・コラム

SCROLL

MARKETING

2024年3月5日のコアアルゴリズムアップデートから読み取るこれからのSEO対策

2024
.06.21

2024年3月5日のコアアルゴリズムアップデートから読み取るこれからのSEO対策

Googleがホームページの順位付けを行う指標「アルゴリズム」は、年に何度もアップデートされています。中でも検索順位を大きく変動させるアップデート「コアアルゴリズムアップデート」は年に5〜10回程度実施され、去年は8回、今年は3月5日に実施されました。
ここでは、直近で実施された3月5日のコアアルゴリズムアップデートで見られた現象やそこから読み取ることのできる今後のSEO対策について解説していきます。

【目次】
1. コアアルゴリズムアップデート基礎知識
2. 今回のコアアルゴリズムアップデートで確認された現象
3. 今回のまとめ

コアアルゴリズムアップデートの基礎知識

Googleは、世界中にある十数億のホームページの順位付けを行うためにアルゴリズムと呼ばれるルールを設けており、ユーザーにとって快適な検索サービスを提供するために日々アップデートを行っています。
アップデートは小規模のものも含めると年間3000〜4000回ほどアップデートされています。中でも、ホームページの検索順位に大きな影響を与えるアップデートは「コアアルゴリズムアップデート」といい、多くの企業にとって重要な集客ツールであるホームページが大幅に順位を落としてしまい、廃業の危機にされたり、一方で順位が大幅に上昇することもあるなど、企業の行末を大きく左右します。
最近では9月に実施されたヘルプフルコンテンツアップデートは上位10以上のホームページの順位を大幅に変え、一気に検索結果の1ページ目から姿を消してしまったホームページもあるなど、多くのホームページに影響を与えました。
集客の要ともなりうるホームページの検索順位を大きく変え、企業の売上も大きく揺るがしてしまうようなコアアルゴリズムアップデートは、多くのwebマーケティング会社が分析しており、ホームページのいち運用担当者においても注視しておくべきものであること認識しておきましょう。

今回のコアアルゴリズムアップデートで確認された現象

今年の3月5日に実施されたコアアルゴリズムアップデートの概要についてはこちらのコラムで紹介しています。
2024年3月のコアアルゴリズムアップデートとホームページのスパム対策
本コラムでは、今回のアップデートによって現象について紹介します。

権威性のあるホームページから被リンクを集めているホームページの検索順位が上昇

「SEO対策=被リンクの獲得」と考えている方も多いと思いますが、被リンクは「権威性のあるホームページ」から獲得しましょう。実際に今回のアップデートによって、権威性の高くはないホームページ、特にスパムサイトからのリンクを獲得していたホームページは大きく順位を落とす傾向が見られました。自社ホームページの被リンクはサーチコンソールから確認することができます。

5月5日に適用されたスパムポリシーによる検索順位の変動

今回アップデートが実施されたのは3月5日でしたが、その際にスパムポリシーとして「ホームページの評判の不正使用」についてもアナウンスされ、5月5日に適用されました。これによる影響は3月5日のアップデートよりも大きく、脱毛サロンや仮想通貨などSEOによる競争の激しい業界において検索順位の変動が激しかったようです。そのほかにも中古ドメインを使用しているホームページはインデックスが削除されてしまったり、生成AIで大量に低品質コンテンツをアップしていたホームページは大きく順位を落とすなど、様々なホームページの検索順位に変動が見られました。

2023年秋のアップデートで順位を落としたホームページは今回も下落

今回のアップデートで順位の下落が確認されたホームページの多くは、2023年秋に3回連続で実施されたアップデートでも順位を落としています。一方で、秋に順位を上げていたホームページは今回も上昇傾向にありました。今回のアップデートによって検索順位を落としてしまった場合は、あらためてGoogleが提唱している「ユーザー第一のコンテンツ作成」を意識し、ホームページの改善に取り組みましょう。

今回のまとめ

2024年3月5日に実施されたコアアルゴリズムアップデートは、多くのホームページに大きな影響を与えました。しかし、今回のアップデートで学んだことは、権威性のある被リンクの獲得や、ユーザー第一のコンテンツ作成、スパムポリシーの遵守など、SEO対策において当たり前のことであり、検索順位を上昇させていくための特効薬のようなものは存在しないということをあらためて実感しました。
地道にSEO対策に取り組むことで、今後のコアアルゴリズムアップデートにおいても揺るがない(検索順位のアップは大歓迎ですが。)ホームページ運営を行っていましょう。

AUTHOR

著者情報

執行役員 ディレクター

C.K.

不動産会社・人材派遣会社で営業職としての勤務を経て、株式会社オンカに入社。WEBディレクターとして名古屋港水族館やのんほいパークなど大規模なホームページを始めとして数多くのホームページ制作を企画・監修する。現在は取締役・ディレクターチームのマネージャーとして取り纏めや品質向上に努めている。

  • YMAA(薬機法医療法)広告遵守 個人認証マーク取得
  • KTAA(景表法・特商法)広告遵守 個人認証マーク取得

PAGE TOP