COLUMN

コラム

ホームページ集客を成功させるために大切な3つの要素

2018.12.10

コラム

ホームページを制作するほとんど全ての企業は、そのホームページが公開された日から、電話やメールが賑やかになることを夢見ていると思います。高いお金と日数をかけてホームページを制作するのですから、当然のことだと思います。
しかし、オシャレなホームページを公開したにも関わらず、一向に電話が鳴らず、投資した資金が水の泡となった企業も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなデザイン性の高いホームページを制作したにも関わらず、思うように集客できていない企業に読んでもらいたい、ホームページ集客のための3つの要素をお伝えします。

【目次】
1.ホームページの集客力はデザインだけで決まるものではありません
2.ホームページの集客力を決める3つの要素
 a.地域性×業界=検索ボリューム
 b.SEO×文章×運用=アクセス数
 c.構成×文章×デザイン=CVR
3.今回のまとめ

ホームページの集客力はデザインだけで決まるものではありません

ホームページを制作しようと考えている企業の多くは、格好良いまたは可愛いホームページさえ作れば集客できると思い込んでいます。インターネットでオシャレなホームページ制作会社を探して、とにかく綺麗なデザインや流行のデザインを依頼します。
しかし、ホームページは単なるアートではありませんし、見るユーザーも色々なタイプの方がいます。見た目の良し悪しだけではいけませんし、その見た目も、そんなユーザーが見るのかによって善し悪しの判断が変わります。
企業側から見てオシャレなホームページが出来上がっても、それだけで集客できるほど甘い世界ではありませんし、ユーザーから見たらオシャレですらない可能性も多々あります。

ホームページの集客力を決める3つの要素

それでは、ホームページの集客力はどこで決まるのでしょうか。もちろんデザインも重要な要素ですが、デザインを含めた次の3つの要素が組み合わさって初めて集客が成功します。

地域性×業界=検索ボリューム

まず最初に、ビジネスを行う地域とその業界が、インターネット上で検索されていることが重要です。いくら素敵なホームページを制作しても、その地域や業界で全く検索されておらず、検索ボリュームが少ないと集客を行うことはできません。
当たり前ですが、世の中の誰も調べていないのにホームページを作ったところで、ホームページが見られるはずがありません。

SEO×文章×運用=アクセス数

そして、一定以上の検索ボリュームがあると判断された市場であれば、検索順位を上げるための取り組みが必要です。
しっかりと最適なSEO対策を施して、最適化させるキーワードを組み込んだ文章を執筆し、公開後の運用が行われているホームページでなければ検索順位が上がりません。検索順位が上がらないということは、ホームページへのアクセス数が少なく、せっかく制作したホームページが見られないということです。

構成×文章×デザイン=CVR

そして最後に、一定のアクセス数を獲得できて初めて、構成やデザイン、文章の良し悪しがユーザーに判断されます。ユーザーにとって見やすく、わかりやすく、良い印象を抱くホームページであれば、CVR(コンバージョンにつながる確率)も上がり、問い合わせや来店の数が増加してくれます。
ここに来て初めて、デザイン性が高いか否かが判断されるのです。デザイン性の高いホームページさえ作れば良いと考えている企業は、ここまでたどり着く前の2つのステップをしっかりとクリアさせることが頭から抜けてしまっています。

今回のまとめ

私たちがホームページを制作する際は、「そもそもホームページ集客ができる業界・地域か?」「検索順位を上げることができるか?」という視点から考えて、そのあとになってはじめて「良いデザイン・構成のホームページを作る」ということを考えます。オシャレなホームページを作るだけでは絶対にホームページ集客はうまくいきません。ホームページ集客の仕組みをしっかりと理解して、ロジカルに、数学的に集客を考えてみてください。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ