COLUMN

コラム

SEO対策とリスティング広告を活用して集客効果を最大化しましょう

2019.04.11

コラム


ホームページから集客を行う上でSEO対策を行うことは必要不可欠ですが、どうすればその効果を最大限に発揮できるでしょうか。SEO対策は、ユーザーと持続的に信頼関係を築きながら長期的に行っていくことで、集客効果を発揮することができます。しかし、SEO対策は成果が出るまでに時間がかかる手法であるため、すぐに成果を出したい企業は、SEO対策ではなくリスティング広告を行う方が適しています。
今回は、そんなSEO対策とリスティング広告を使い分けて、集客効果を最大化するための方法についてお伝えします。

リスティング広告のメリット

検索結果画面は、上部(または下部)に位置する「広告枠」と、広告枠の中央に位置する「オーガニック検索枠」に分けられます。リスティング広告は、ユーザーがホームページのURLをクリックするたびに料金が発生する代わりに、ホームページを検索結果画面の広告枠に表示できる手法です。そうすることで、ホームページをオーガニック検索枠の上位に表示させるSEO対策を行わなくても、検索結果画面の上位に表示させることが可能になり、短期的にアクセス数を向上させることができます。さらに、リスティング広告は、掲載地域や時間帯の指定が可能であり、入札単価や広告品質を上げることで順位がコントロールしやすいというメリットもあります。

SEO対策とリスティング広告の使い分け方

SEO対策は、ホームページを検索結果の上位に表示させるまでに、ある程度の時間を要します。しかし、長期的に運用していくことで、お金をかけずに上位表示させ続けることができるため、ホームページから集客を行うためには必要不可欠です。
ホームページ運用開始時から最大限の集客を目指すのであれば、制作直後からすぐにホームページが検索結果の上位に表示されるリスティング広告を行うと良いでしょう。また、SEO対策を行うことで、特定の地域でホームページの検索順位を上げることはできても、複数の地域で検索結果の上位を目指すことは難しいため、収益が見込めそうな特定の地域に対してリスティング広告を打ち出すことも有効です。
このように、SEO対策は無料で長期的にホームページの検索順位を安定させることができますが、検索結果に上位表示させることに時間を要するため、公開直後は有料ではあるものの即効性の高いリスティング広告で補いながら運用すると良いでしょう。

今回のまとめ

ホームページから集客を行うにあたり、SEO対策は必要不可欠ですが、ホームページの運用開始直後から成果を出したい企業は、リスティング広告を行うと良いでしょう。
リスティング広告は、制作直後からすぐに、検索結果の上部にある広告枠にホームページを表示させることができるため、短期的にアクセス数を向上させることができます。そのため、無料で長期的にホームページの検索順位を安定させることができるものの、上位表示させることに時間がかかるSEO対策に対して、有料ではあるものの即効性の高いリスティング広告で補いながら運用すると良いでしょう。
長期的な集客が見込めるSEO対策と、短期的な集客ができるリスティング広告をうまく活用して、ホームページへの集客効果を最大限に発揮しましょう。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ