COLUMN

コラム

検索クエリに対応したコンテンツ作成を行いホームページの集客力向上を目指しましょう

2019.04.29

コラム


Googleは、検索順位を決定するために200以上の評価基準(アルゴリズム)を設けており、中でも「質の高いコンテンツ」、「検索キーワード(クエリ)」の検索意図にマッチしたコンテンツ」の項目を重視しています。2つのアルゴリズムは密接に関わっており、ユーザーの検索意図をしっかり理解しないまま闇雲にコンテンツを作成し、ユーザーの求める情報と差異が生じていては、思うようにホームページの検索順位を向上させられません。また、ユーザーの検索意図にマッチしたコンテンツを制作することは売上の向上にも関わります。
そこで今回は、ユーザーが求める情報をホームページに掲載するために押さえておきたい検索クエリについてお伝えします。

検索クエリの種類

検索クエリはユーザーの意図によって「ナビゲーショナルクエリ」、「トランザクショナルクエリ」、「インフォメーショナルクエリ」の3つの傾向に分けられます。
ナビゲーショナルクエリは「指名検索」とも呼ばれ、企業名や商品名など、特定のホームページを探す目的のクエリです。ナビゲーショナルクエリで検索するユーザーはすでにそのブランドから商品の購入を検討している可能性が高いため、ホームページに最新の情報を掲載したり、デザインに整合性を持たせるなど、信頼感があるホームページを制作することで購買やリピートへと繋がります。
トランザクショナルクエリは「購入検索」とも呼ばれ、「ホームページ制作 費用」など具体的な行動につながる見込みのあるクエリです。トランザクショナルクエリで検索するユーザーは購買意欲が高いため、商品カテゴリーの見直しや独自の記事を作成して競合他社と差別化したホームページを制作することで購買等の行動に繋がります。
インフォメーショナルクエリは「情報検索」とも呼ばれ、「SEOとは」など情報収集段階で使用されるクエリです。インフォメーショナルクエリで検索するユーザーは調べ物が目的であるため、具体的な行動を起こす可能性は低いですが、ブログで自社商品や事業に関係した解説記事を作成することで、ユーザーと接点を持つことができます。しかし、解説記事に商品の売り込み要素を含め過ぎるとユーザーが引いてしまうため、信頼を構築する上ではあくまでも解説のみを記載することが重要です。
このように、検索クエリの傾向に合わせてホームページ制作を行うことで、ユーザーのニーズに合致したコンテンツを発信することができ、集客や売上に繋がる可能性が格段に向上します。

検索結果の上位を狙うために重要なインフォメーショナルクエリ

購買に繋がりやすいナビゲーショナルクエリとトランザクショナルクエリへの対策は短期的な利益向上のために有効です。しかし、情報収集が目的のインフォメーショナルクエリへの対策は、「すぐに購買等には繋がらないため力を入れなくても良いのでは?」と捉えられがちです。
しかし実際は、ショッピング目的のユーザーはAmazonなどのショッピングサイトから直接検索をかけることが多く、ショッピング目的の検索は全検索回数の10%にも満たないと言われています。逆に、情報収集目的のユーザーが大半を占めている検索エンジンにおいては、インフォメーションクエリに対してコンテンツを作成することで、多くのユーザーにホームページを見てもらうことが可能になります。さらに、良質なコンテンツを載せれば載せるほどGoogleからの評価が上がり、ホームページを検索結果に上位表示させることへ大きく貢献します。
短期的な利益を狙うことも重要ですが、多くのユーザーにアプローチするためにも、3つのクエリに対応したコンテンツを網羅してホームページを作成することが理想的です。

今回のまとめ

ユーザーの検索意図をしっかり理解しないままコンテンツを作成しても、思うようにホームページの検索順位が向上せず、ひいては利益が上がらないかもしれません。
検索クエリは、特定の企業名や商品名を検索する目的の「ナビゲーショナルクエリ」、購買等の行動に移す可能性が高い「トランザクショナルクエリ」、情報収集が目的の「インフォメーショナルクエリ」の3つの傾向に分けられます。
購買に繋がりやすいナビゲーショナルクエリとトランザクショナルクエリへの対策は短期的な利益のために有効ですが、情報収集が目的のインフォメーショナルクエリへの対策は、多くのユーザーにホームページを見てもらうために有効であり、検索結果に上位表示させることにも大きく貢献します。
短期的な利益を狙うことも重要ですが、多くのユーザーにアプローチするためにも、3つのクエリに対応したコンテンツを網羅してホームページを作成することが理想的です。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ