COLUMN

コラム

ホームページ制作・コンテンツマーケティングのキーワード選定を効率化するための無料ツール紹介

2019.07.28

コラム

ホームページ制作やコンテンツマーケティングを行う上で、SEO対策を意識しながら行うことが重要です。そのために、まずは事前に念入りな「キーワード選定」を行う必要があります。しかし、「それは分かるけれど…正直、自分の力だけでキーワードを選定する時間も労力もない。」そんなあなたにおすすめしたいのが、キーワード選定のための無料ツール。
この記事では、キーワード選定のオススメ無料ツール3選と、それらのツールの効率的な利用方法を紹介します。無料ツールを最大限活用して、ホームページ制作を効率化し、集客アップを目指しましょう!

ホームページの制作コンテンツマーケティングのキーワード選定に使える無料ツール3選

いざホームページを制作しようと思っても、自分の力だけでは検索エンジンで上位を取れるようなキーワードは思い浮かばない。そんなときに大活躍するのがキーワード選定ツールです。今回は数あるツールのなかでも、無料で利用できて、且つ質も高く、人気を集めているものを3つご紹介します。

オススメの無料キーワード選定ツール①Googleトレンド


このGoogleトレンドは、世界で1番使用されている検索エンジンGoogleのオンライン検索ツールです。Googleトレンドでは、過去によく検索されたキーワードや現在よく検索されているキーワード、24時間以内に急上昇した注目キーワードなどを調べることができます。また、キーワードと併せて検索数の推移も確認できるので、検索数が減ってきているキーワードは避けることも可能です。
 
関連サイト:Googleトレンド

オススメの無料キーワード選定ツール②関連キーワード取得ツール(仮名・β版)


こちらの無料ツールのポイントは、よく検索されているキーワード以外にも、そのキーワードが含まれた「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」の質問内容も一緒に表示してくれる、ということです。この機能があることで、利用者はどのような疑問・悩みを持って検索をしているのか、利用者が、このサイトに訪問するニーズは何なのかということを把握できるため、より適切なキーワード選定に繋がります。
 
関連サイト:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

オススメの無料キーワード選定ツール③goodkeyword


こちらのツールは、利用者のニーズを深掘りしたキーワードを見つけたいときに、とても便利なツールです。機能のポイントは、GoogleやYahooのサジェストワード、つまりは関連ワードの検索結果を指定して検索できるという点が挙げられます。また、goodkeywordのページ内にはGoogleトレンドが設置されていて、検索したワードの需要をグラフですぐに確認できるところも魅力的なポイントです。
 
関連サイト:goodkeyword

無料ツールを使ったキーワード選定の具体的な方法

ホームページ制作やコンテンツマーケティングを行うにあたり、選定したキーワードに特化したページを作ることで、検索エンジンで上位を狙うことができるようになります。そこで、まず1番に大切になってくるのは「どのキーワードを選ぶのか」ということです。自分が楽しく制作を進められるキーワードであることも大切ですが、それ以上にそのキーワードを検索する人数のボリュームの多さ、つまりそのキーワードの需要が鍵となります。そのため、より効率的に無料ツールでキーワード選定をするためには、以下のような順序で行うことをオススメします。

①まず、「Googleトレンド」で、よく検索されているキーワードを見つけ出します。
②続いて、「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」「goodkeyword」を使用して、①で見つけたキーワードに関連するキーワードのなかでも、特に利用者のニーズが高いものを見つけます。

例えば①の手順で、「大学生 バイト」というキーワードはよく検索されていることが分かったとします。ところが、検索結果の上位にくるのは大手の会社のホームページばかり…

そこで、②の手順で、「大学生 バイト 選び方」など、キーワードに関連したもうより深いキーワード(ロングテールキーワード)を選定します。これにより、少しニッチなキーワードにはなりますが、検索エンジン上位入りを目指すことができるのです。

キーワード選定を終了する前には競合サイトを知っておく!

いざキーワードを決めても、そのキーワードの検索結果を大手ホームページが占めていては、到底太刀打ちできません。そこで、キーワードを決定する前には「SEO難易度チェックツール」を使ってキーワードの競合性を確認しておきましょう。このSEO難易度チェックツールでは最大3つのキーワードの難易度を検索することができ、点数が高い方がより競合性が高い、ということになります。
競合性が高いという結果になった場合、他のキーワードを選ぶか、そのキーワードと関連性の高くてもう少し深いキーワードを選ぶようにすると競合性の低いところを狙うことができます。
ちなみに、SEO難易度チェックツールの機能は、SEO難易度チェックだけではありません。ほかにも、関連語・候補キーワード検索数予測機能なども兼ねそろえている、無料とは思えないほどの便利なツールです。これららホームページ制作をする方、コンテンツマーケティングを行う方は、ぜひ一度使ってみてください。
 
関連サイト:SEO難易度チェックツール

今回のまとめ

今回は“無料ツールを使ってキーワード選定を行う”ということを中心に無料ツールの紹介や、キーワード選定時のポイントなどをご紹介しました。キーワードを決めるだけでも一苦労!なのに競合性なんて難しいことまで自分一人の力では調べられない…そんなときに使えるのが今回紹介したキーワード選定の無料ツールです。無料だからこそ、複数のツールを組み合わせて利用することができます。
そんな無料ツールを活用して、少しでも効率的に、競合性の低いキーワードを選び、検索エンジンの上位入りを目指してみてください。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ