名古屋のホームページ制作会社、WEB集客会社なら株式会社オンカ|無料でできるSEO対策で集客力のあるネットショップ(ECサイト)を制作する方法

0120-038-517 0120-038-517 CONTACT CONTACT

MENU

COLUMN

2019.07.30

マーケティングコラム

無料でできるSEO対策で集客力のあるネットショップ(ECサイト)を制作する方法


「日本中・世界中の方に自分の商品を売りたい!」と思った時に、商品販売の方法のひとつとして考えるのが「ネットショップ(ECサイト)」。しかし、ただホームページ上でネットショップを始めただけでは集客効果はほとんど無く、お客がいないお店をずっと開いている状態になってしまいます。そこで、今回は、SEO対策を通して、集客効果のあるネットショップを制作する方法を紹介していきます。

SEO対策で、ネットショップの集客力をアップさせよう”>

当たり前ですが、ネットショップが、SEO対策を行うべき最大の理由は、購入客を集めるためです。お店を出していてもお客様が来ないことには、商品を見て買うかどうか迷ってもらうことすらできません。集客のためにホームページやブログでSEO対策を行うように、ネットショップでもSEO対策をして検索エンジンで上位に表示されるようにする必要があります。
しかし、現在の日本の検索エンジンでは、Amazonや楽天市場といった大手のネットショップが上位を占めています。そのため、いきなり商品のページへユーザーに来てもらう直接的な集客は厳しいのが現実です。
それでは、個人のネットショップ経営者は、どのように集客を行えば良いのでしょうか。

ホームページ等から間接的にネットショップページへ誘導する方法

個人のネットショップが大手の競合と争うためには、「ネットショップ以外のページを育てる」ことが鍵となります。ネットショップ以外のページを育てるとは、商品に関するコラム記事などの、ネットショップ以外のページを制作するということ。これにより、そのページを読んだ読者が、ネットショップのページへと飛んでくれるように誘導できるようになります。
ネットショップの方でのSEO対策はもちろん行いながら、他のページなどでもSEO対策を行っていくことで、ロングテールでの集客が期待できます。
次は、具体的にどういったSEO対策を行うことで、ネットショップへの集客をしていくことができるのかを解説していきます。

ネットショップそのものの具体的なSEO対策

先ほど、ネットショップ以外のページを育てるという間接的な集客方法を紹介しましたが、ここでは、ネットショップでのSEO対策といった直接的な集客方法を解説していきます。商品やブランドの検索からネットショップを訪問してもらう方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

①ネットショップの信頼性を高める

まず、Amazonや楽天市場などの大手サイトに比べて信憑性の低いホームページでは、SEO対策を行う前に、商品説明などの文章でいかにして信頼度を高められるかが大切です。そこでしっかりと信頼してもらえるように「商品のタイトル名は自分の売りたい品物に合ったものであるか」「商品の概要は記載されているか」「商品の詳細(サイズや重さなど)は記載されているか」という点がきちんと行えているかを確認しながらネットショップ制作を行っていきましょう。
また、これらは訪問者向けの信頼度を高める対策ですが、検索エンジン向けのさらなる対策として、「見出しタグを使って説明文を見やすくしておく」といったことも行っておきましょう。

②使いやすさを追求する

ネットショップの訪問者が、商品の閲覧から購入手続きを完了させるために、「使いやすさ」は非常に重要です。訪問者が見たい・知りたい商品ページに行くまでに何度もリンクをクリックしなければいけなかったり、商品選択ページの見やすさが欠けていたりすると、ユーザーは購入することに煩わしさを感じて、購入手続きを終える前にページを離脱してしまいます。
このようなことがないように、トップページから見たい商品へいくまでのページ数やクリック回数を減らしたり、どうしても何度もクリックしてページを移動する必要があるなら、パンくずリストを設置することでユーザーんがどのページにいるのかを把握できるようにする工夫をしましょう。
また、スムーズに商品閲覧をできて購入画面にまで進んだのに、購入者情報を入力する欄が多すぎると、そこでも面倒くささを感じて購入を辞めてしまうユーザーも多くいます。そのため、購入者情報入力の欄は必要最低限のものだけにして不必要な項目は削除しておくようにしましょう。
このように、ユーザーの使いやすさ、見やすさに配慮したネットショップを作成することは、ユーザーのUX/UIにとって良いだけでなく、ページ滞在時間が長くなることで検索エンジンからも「良いページである」と高い評価を受けやすくなります。

今回のまとめ

今回はネットショップを行ううえで重要なSEO対策についてお伝えしました。Amazonや楽天市場などの競合と争うためには、商品のタイトル名は自分の売りたい品物に合ったものであるか、商品の概要は記載されているか、商品の詳細(サイズや重さなど)は記載されているかといった大手ではあまりできないような細部にまで具体的な内容を記載することで、ユーザーからの信頼度を高めることが大切です。また、少しでも「面倒だ」と思われないようなページ制作を行うことも鍵となります。
見たい商品ページにいくまでに何度もクリックする必要はないか、購入者情報入力の欄は必要最低限の項目のみが設定されているか、といったことも確認しながらネットショップのSEO対策を行っていきましょう。