COLUMN

コラム

コンテンツ記事の文字量・文量を簡単に増やすための3つの方法

2017.12.18

コラム

コンテンツマーケティングの重要性は、すでに多くの企業がご存知のことと思います。私たちのコラムでも、コンテンツマーケティングの重要性やテクニックをたくさんお伝えしてきました。
しかし、その重要性は理解いただけているものの、多くの企業において記事の制作がなかなか続かなかったり、一記事あたりの文字数が増やせず断念してしまう企業も少なくありません。また、これからコンテンツマーケティングに取り組む企業のほとんどが、「そんなに記事を書けるかな。」と不安に感じています。
そこで、今回は、コンテンツの文字量がどうしても増やせず記事の制作が進まない企業に読んでもらいたい、文字量を効率的に増やすための方法についてお伝えして行きます。

【目次】
1.コンテンツ記事の文字量の目安は最低800文字以上
2.文字量が簡単に増える3つの方法
 a.文の冒頭で語りかける
 b.一般論を伝える
 c.理由・根拠を伝える
3.今回のまとめ

コンテンツ記事の文字量の目安は最低800文字以上

弊社でホームページを制作して公開すると、その後はホームページの運用が始まります。弊社がサポートしながら、しっかりと集客できるホームページに育てて行くのですが、そのための大きな要素としてコンテンツマーケティングがあります。ブログやコラム記事を提起的に配信することで、ホームページのボリュームも増え、ユーザーが流入するページも増えるため、アクセス数がどんどん伸びて行きます。
このコンテンツマーケティングの必要性をお話しすると、ほとんどの企業から「その記事はどれくらい書けば良いのですか?」と質問いただきます。当然、毎日100記事かければそれに越したことないのですが、日常業務もある中で、よほどの大企業でない限りは、まず不可能です。そこで、弊社がお伝えしている最低限のボーダーラインが、毎日1記事、一記事あたりの文字量の目安は少なくても800文字以上です。
みなさん最初は驚いて愕然とされますが、慣れれば10分くらいで書けてしまうため、最初の苦労を乗り越えた企業は「もう慣れて毎日の日課になったよ!」と言っていただけます。現に、そう言える企業は、ほぼ例外なく、満足のいく集客ができています。

文字量が簡単に増える3つの方法

とは言っても、最初はやはり記事を書く手が進まず、必達ラインの800文字になかなか到達しないこともあるかと思います。そこで、そんなコンテンツマーケティングに取り組み始めた方のために、簡単に文字量を増やすことができるテクニックをお伝えしていきます。今回は例として、次の一文を書いたところで手が止まってしまった方を想定して、この文章にどんどん肉付けしていきます。

名古屋で集客できるホームページ制作会社を選ぶなら、株式会社オンカを選びましょう。

文の冒頭で語りかける

文章は、いきなり本題に入るのではなく、「つかみ」と呼ばれる冒頭部分が大切です。この冒頭部分では、読む人が思わず「私のことかも?」と思うような語りかけを行うことで、記事に目を向けさせます。

「ホームページを制作したけど全く集客できない」と、半ば諦めていませんか?
名古屋で集客できるホームページ制作会社を選ぶなら、株式会社オンカを選びましょう。

一般論を伝える

冒頭で語りかけたら、次は、本題に入る前に一般論を伝えましょう。この部分では、世間一般の状況を伝え、読み手に「そうなんだ!」と気づきを与えるような文が理想です。

「ホームページを制作したけど全く集客できない」と、半ば諦めていませんか?
それは御社だけではなく、名古屋の企業のうち、およそ9割が満足に集客できていません。
名古屋で集客できるホームページ制作会社を選ぶなら、株式会社オンカを選びましょう。

理由・根拠を伝える

最後に、結論に至る前の理由や根拠を伝えましょう。こちらがいくら熱意を持って情報を伝えても、それを裏付けるエビデンスがなければ、人はなかなか心が動きません。記事で伝えたい結論を裏付けるような、理由を読み手に伝えましょう。

「ホームページを制作したけど全く集客できない」と、半ば諦めていませんか?
それは御社だけではなく、名古屋の企業のうち、およそ9割が満足に集客できていません。
それは、マーケティング視点でホームページ制作を行う会社がここ名古屋には少なく、「ただ作るだけ」のホームページ制作会社が手がけているからです。
名古屋で集客できるホームページ制作会社を選ぶなら、株式会社オンカを選びましょう。

今回のまとめ

すべての企業が取り組むべきコンテンツマーケティングですが、世間一般のほとんどの企業が継続できていません。だからこそ、このマーケティングには、他者との差を広げるチャンスがあります。
今回ご紹介した方法は、流れのとおり書いていけば、確実に3文(約300文字)は増やすことができますし、各項目において2分づつ増やせば、さらにその倍の文字数が増えます。また、文字量を増やすことができるだけでなく、記事自体の内容も伝わりやすくなります。まさに一石二鳥ですね。このようなテクニックに則って記事を制作しながら、自分なりの記事作成の型を身につけて行くことで、コンテンツマーケティングはどんどん楽になり、質も上がって行きます。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ