COLUMN

コラム

【商用利用可能のみ】コンテンツ記事作成の際に役立つ!海外フリー素材サイトのオススメ6選

2018.01.10

コラム


ホームページを運営している方は、コンテンツ記事内や記事のアイキャッチに写真や画像などの素材を使用することが多いと思います。どんな写真や画像を使用するかによって、そのコンテンツ記事やホームページの印象が変化するため、企業やホームページのイメージ、コンテンツ記事の内容にあったオシャレな素材を使用したいですよね。
しかし、 Googleの画像検索などで検索して表示される写真や画像の中には、著作権を放棄していないものがあるため使用できなかったり、日本のフリーサイトは素材の数が少なく、他のホームページと被ってしまう…などとお悩みの方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は、ブックマークしておくとコンテンツ記事を作成する際に便利な海外のフリー素材サイトを6つご紹介します。

海外フリー素材サイトのオススメ6選

【Unsplash】



https://unsplash.com

Unsplashは、検索機能やカテゴリー分けが充実しているため、英語が読めない方でも目的の素材をすぐに見つけることができるサイトです。
景色や人物、動物だけでなく、ビジネス、パソコン、オフィスなどIT関連の写真や画像も、細かくカテゴリー分けされているため、どのようなジャンルでもオシャレな素材を見つけることが可能です。

【pixabay】



https://pixabay.com

pixabayは、日本国内版も展開されている海外の大手フリー素材サイトです。
配布されている写真や画像の数が多いだけではなく、動画素材もダウンロードすることができます。また、アプリ版もあり、パソコンを使用しなくてもスマートフォンやタブレットなどで素材を探すことができるため、とても便利です。

 

【Picjumbo】



https://picjumbo.com

Picjumboは、「他の人と写真や画像が被るのを避けたい」という方にオススメしたいサイトです。
景色や人物だけではなく、季節ごとの食べ物やファッション関連の素材も多いため、飲食やファッションに関係したコンテンツ記事を書く人は、ぜひチェックしてみましょう。

 

【Stockio】



https://www.stockio.com

Stockioは、他のフリー素材サイトとは異なり、無料の写真や画像だけでなく、アイコン用のイラストやフォント、さらには動画素材も無料でダウンロードすることができるサイトです。
動画素材に関しては、上述したpixabay以外に無料でダウンロードできるサイトが少ないため、貴重なフリーサイトです。

 

【GIPHY】


https://giphy.com

GIPHY は、GIFを扱うフリー素材サイトです。
普通のGIFだけではなく、シネマグラフという画像の一部に動きを取り入れたGIFも取り扱っているので、コンテンツ記事に変化を持たせたい場合に使用するのがオススメです。
ダウンロード、もしくはコードの埋め込みどちらでも使用できます。

 

【Gratisography】



https://gratisography.com

Gratisographyは、思わずクスッと笑ってしまうようなポップな素材を配布しているサイトです。
高解像度な上に他のフリーサイトにはない面白い写真や画像を見付けることができるため、インパクトのある素材を探している方にオススメです。
※アダルト系や暴力系の使用目的でなければ商用利用可能です。

 

今回のまとめ

今回は、商用利用が可能な海外フリー素材のオススメサイトを6つご紹介しました。
フリー素材を配布しているサイトをいくつかブックマークしておくことで、コンテンツ記事を書く際に、探している写真をすぐに見付けることができます。
また、画像や写真を上手く活用し、文章と画像のバランスを考えながら、ユーザーにとって読みやすいコンテンツ記事の作成を心がけることで、ユーザーのページ離脱率を抑え、滞在時間を伸ばす効果も見込めます。
過去のコラム記事「ホームページ制作において画像や写真を使用するべき3つの理由」では、ホームページやコンテンツ記事内に写真や画像を使用する重要性について解説しています。あわせて読んでいただき、より良いコンテンツ記事作成のためにお役立てください。

CONTACT US

ホームページ制作や集客に関するご質問など、
こちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ onca
お問い合わせ